カシオペア・セラARFを作る。その7 完成!

モーターの取り付け。

ハイペリオンのモーターはセラのマウントに
e0146402_2116224.jpg

ピッチがピッタリ合いますがモーターの配線取り回しは上手く処理しなければなりません。
e0146402_21174512.jpg

キャノピー側も配線の逃げを作ってこれで良いかと思っても
e0146402_21201246.jpg

このノックピンが長くてモーターに干渉し
e0146402_2122126.jpg

キャノピーがピッタリ締まりませんので接触しない程度まで短くいたしましょう。






次にプロペラの取り付けですが
e0146402_2124324.jpg

この5ミリナットを
e0146402_21242539.jpg

強く締めすぎるとアルミネジがちぎれてしまいますのでほどほどにして下さい。


そしてこの
e0146402_21253836.jpg

スピンナーコーンですが、破損した場合は補修パーツがございます。


最後にバッテリーを胴体奥に差し込んで
e0146402_21305750.jpg

e0146402_21315639.jpg

受信機とスピコンを載せたらほぼ規定の重心位置になりました。


重量は
e0146402_21295280.jpg

390グラム。


シールを貼って
e0146402_21331554.jpg

完成!


早速iQに積み込んで
e0146402_21404985.jpg

初フライトに


飛行場では最後のチェック
e0146402_22343789.jpg

細心の注意をはらいましょう。


動画です。



小型でありながら想像以上のポテンシャルを持っていました。


めでたし、めでたし。
by thermal-kobo | 2010-06-24 21:35 | レポート | Comments(0)
<< Ka-8C胴体組立その6 Ka-8C胴体組立その5 >>