カウリング型の製作法その2

スケール機の場合、如何にその雰囲気を出すか? とパーツの生産性のバランスを考えなければなりません。
e0146402_2327234.jpg

よって、今回はフロント部と後部は左右のレイアウトにいたしました。


後はひたすら
e0146402_23271919.jpg




e0146402_23284588.jpg

実機の感じになるよう造形です。


次はサンディング!



最初の角張ったブロックの時はこれからこれを削るのか〜 と思うとギョエ!

と、思いますが、コツコツ進めて行くと喜びに変わってきますよ。

途中電話がなりまして中断・・


そして
e0146402_19584394.jpg

e0146402_19585671.jpg

かなり良い感じになって来ました♪
by thermal-kobo | 2011-03-03 23:59 | 製作のポイント | Comments(0)
<< マニュアル なぜカンザシがスチールなのか? >>