カウリング型の製作法その4

次は実機感の造形にかかります。

まずはエアインテーク
e0146402_21272951.jpg

写真や図面を
e0146402_2128937.jpg

よく観察しながら
e0146402_21285642.jpg

納得いくまでパテを盛ったり削ったりいたします。

その都度ラッカーサフェーサーを吹き付け
e0146402_21314468.jpg

造形の状態を確認。
by thermal-kobo | 2011-03-09 21:33 | 製作のポイント | Comments(0)
<< カウリング型の製作法その5 ミニウルフがアメリカで >>