IQ 恐るべし!

今日はラジコングライダーのお飛ばし会を高知徳島県境の塩塚高原で行う事になり、

軽四から1000ccに替わった社長車に積めるだけグライダーを詰め込みました。
e0146402_19213525.jpg

車体の長さは3メートル足らずで軽四より40センチほど小さい車に

荷物満載状態でこれより出発!



ところが、山頂手前で想定外の雪が
e0146402_19322658.jpg

でも標準装備のスリップコントロールのおかげで
e0146402_19324135.jpg

ノーマルタイヤにもかかわらず

難なくクリア

※駆動はFFです。



そして無事目的地に到着し、搭載したグライダーを
e0146402_19233355.jpg

組み立てたら、居合わせた皆さん

ちょっと! ビックリするわなあ〜


PS、
スパン5メートルのKa-8bのフライトを見た方は、欲しいけど車から代えなくてはならないと言われる事が有りますが

そのような心配はございませんね!

トヨタ開発チームの工夫も凄いですが、弊社のグライダー設計も良く出来ている?

と、手前味噌な事を密かに思っている私なのです。

この言葉が
e0146402_19461929.jpg

弊社哲学の一つです。

でも楽になるを目指してやっている訳ではなく自ら突っ込んでいるのですね。
by thermal-kobo | 2009-02-11 19:49 | トヨタ IQ | Comments(0)
<< スケールグライダー山頂を占拠 準備万端 >>