カテゴリ:よく有る質問( 9 )

スポイラーを使っての着陸

グライダーの着陸にスポイラーを使用する場合は、エンコンスティックで操作を行なうのがベストで、ちょっと高いかな?と思う位でも一気に高度を下げて狭い場所にもピンポイントで着陸させる事が出来ます。

以下の動画は、初飛行での初着陸時の様子ですがほぼ狙い通りに降りて来ています。

解りにくいかもしれませんが、高度調節の為に最終旋回時からスポイラーを出して接地直前には引っ込めています。これは出したままだと地面に対して水泳で言う腹打ち状態となって機体に大きな衝撃を与えるからです。もし自分が乗っていたらと想像しながら最後の最後は地面に対して緩い進入角にすれば滑らかに着陸し実機のように転がります。

さらに機体の特性に十分慣れれば接地寸前にエレベーターアップ!の操作を行なって機首を少し上げながら失速寸前で着陸させるのも着陸距離を縮められます。※この場合もスポイラーは閉じておかなければなりません。
※大型になるほどフレアーが良く効くようになります。





今月号のラジコン技術誌にも詳しく説明されています。
by thermal-kobo | 2013-08-18 11:14 | よく有る質問 | Comments(3)

ラジコングライダー手投げのコツ

よく相談を受けるのが、手投げ発進での失敗が有ります。

操縦者自身が行なうのとサポートさんにお願いする場合で要領が違うと思いますが、まずはこちらを



エンコンスタートは口を添えて行ない、風上に向かって機体を水平に保って走ります。

グライダーはすぐに揚力を発生し、手に持った機体は軽くなりますのでそのままホールドしていると自然に手から放出されて行きます。


動画は手で投げている様ですが、そうでは無いのです。
by thermal-kobo | 2013-08-17 21:23 | よく有る質問 | Comments(2)

曳航フックの作り方

フックの専用パーツは最近見かけませんので汎用金具で自作いたします。
e0146402_2228461.jpg

まずはDIYで入手出来る真鍮ヒートンを

e0146402_2231661.jpg

ペンチでグッと曲げ

e0146402_22315034.jpg

カットし

e0146402_22322199.jpg

切り口を整えます。


胴体内部は
e0146402_22405385.jpg

このように補強しました。

Ka-8はセンターにスキッドが有りますので
e0146402_22424764.jpg

オフセットした取り付けになりますが曳航には全く支障はありません。

これで1/3のKa-8が発航出来る訳です。




次に3〜4メートルクラスは

e0146402_22372877.jpg

このサイズのLフックを

e0146402_2238775.jpg

加工して

e0146402_22384698.jpg

仕上げました。

e0146402_22391376.jpg

左が5メートルクラスで右が3〜4メートル用です。
by thermal-kobo | 2010-03-15 22:46 | よく有る質問 | Comments(0)

曳航フック

最近は電動がメジャーとなりましたがスケールの機首にあり得ないプロペラがあるのも割り切れない!が有ります。

そのような時、ウインチ曳航が出来る環境が有れば実機のように発航する事が出来ます。

そこで良く有る質問にフックの位置はどこに?がございますので、私の経験で安全に曳航を行なっている位置を説明させていただきます。


まずはツイン・アクロ3.6M
e0146402_2212970.jpg

主翼前縁真下位に取り付けています。


Ka-8は
e0146402_2224038.jpg

キャノピー後部胴枠のすぐ前当たりです。


続く
by thermal-kobo | 2010-03-13 22:04 | よく有る質問 | Comments(0)

主翼抜け止めスプリング

よくスプリングが止めにくいとのご相談がございますので、私のやり方を説明させていただきます。

キット付属のスプリングです。
e0146402_22331999.jpg

このままですとヒートンに引っかけられませんので


ラジオペンチで
e0146402_2234247.jpg

カーブの部分をグッとプレスしてやると

e0146402_2236378.jpg

入り口が開きます。


さらに
e0146402_22372182.jpg

小さなドライバーを使って引っぱり、少しなましてやると装着が楽になります。

※延ばし過ぎに気をつけましょう。


そしてミニモア400の場合は、ラジオペンチを使って
e0146402_22394031.jpg

e0146402_22395556.jpg

装着いたします。

PS、現場用工具箱にはラジオペンチを!
by thermal-kobo | 2009-07-22 22:42 | よく有る質問 | Comments(0)

アンテナ線の張り方、その3

大型グライダーの場合は、胴体内部にアンテナ線が全て収納されますのでアンテナパイプを使って処理いたします。

まず、アンテナ線の端を引っ張って
e0146402_7545750.jpg

被服のみの部分を作ります。


次に先きを尖らせた
e0146402_7553782.jpg

φ1ミリ前後のピアノ線を用意し

アンテナ線の先きを
e0146402_7565066.jpg

ピアノ線に刺して固定します。

そして
e0146402_758104.jpg

アンテナパイプに通し

e0146402_758486.jpg

導きだします。


最後に
e0146402_7592146.jpg

抜けないように結び目を作り


胴体内の
e0146402_801327.jpg

都合の良い所にセットします。
by thermal-kobo | 2009-06-29 08:01 | よく有る質問 | Comments(0)

アンテナ線の張り方、その2

ASK-21やミニモア等の小型FRP胴体の場合は、胴枠の制限がございませんので
e0146402_2210152.jpg

支障のない胴体最後部からピアノ線を通して


e0146402_22113449.jpg

コックピット側でアンテナ線を差し込み


e0146402_22123337.jpg

アンテナ線を胴体後部に導き


受信機を
e0146402_22141798.jpg

都合の良い所に固定いたします/
by thermal-kobo | 2009-06-28 22:16 | よく有る質問 | Comments(0)

アンテナ線の張り方

2.4Gに移行するとまた別のポイントが有りますが、従来のアンテナ線の弊社での張り方を説明させていただきます。


まずアーバンクラスですが、胴枠の肉抜きが有る所に3ミリほどの穴を開けます。
e0146402_971469.jpg



次に0.9ピアノ線の先きを鉛筆の様にグラインダーで尖らせ
e0146402_985480.jpg

胴体内を通しやすいよう湾曲させます。


それを胴体に差し込んで
e0146402_910895.jpg

ピアノ線を指でクルクル回転させながら前側にピアノ線を進めて行きます。


e0146402_9115766.jpg

上手く通ったら、アンテナ線の端を指で引っ張って被服だけが2〜3ミリになるようにして


e0146402_9183542.jpg

ピアノ線をアンテナ線に差し込みます。


そして胴体後ろに
e0146402_9145918.jpg

導き出します。


後はテール部分で
e0146402_9155957.jpg

テープ止めで完成!
by thermal-kobo | 2009-06-28 09:20 | よく有る質問 | Comments(0)

ツイン・アクロ一人で手投げ

ツイン・アクロ(1/6スパン3000ミリ)は、一人で手投げ発航出来ますか?
とのご質問を良く頂きますので撮影いたしました。





コツは、ピッチャーの様に投げるのではなく、機体を水平に放出する感じです。
動画では投げているように見えますが、実際は機体の推力に手が持って行かれているのです。
向かい風が多少有った方が楽です。
この日はちょっと強すぎで荒れていました。
by thermal-kobo | 2008-06-11 00:28 | よく有る質問 | Comments(0)