カテゴリ:キャノピーロックマグネット( 1 )

キャノピーを固定するマグネットの取付法

最近の弊社スケールグライダーは、ほとんどの場合、キャノピーロックにマグネットを使用しております。

従来はピストンにバネを仕込んだキャノピーラッチが主流でしたが、パーツのコストと小さな溝を開ける難しさやセッティングの微調整で難易度の高い工法でした。

今回は、ツインアクロを教材として

私なりの方法を解説させて頂きますので

これを参考に皆様でより良い工法を生み出して下さい。

まず
e0146402_21471626.jpg

キャノピーフレームを組み立て、胴体外周よりキャノピー厚み分以上に擦り合わせまます。

次ぎにフロントのノックピンをセッティングし、フレームをシンメトリーにテープで固定してフレームマグネット穴に合わせ、マジック細字で胴体側にケガキ線を入れます。

そして、マグネットがピッタリはまる穴を加工し


マグネットをはめ
e0146402_21544819.jpg

セロハンテープを貼ってマグネットを仮止めし

内部から
e0146402_21564422.jpg

瞬間接着剤かエポキシを塗ります。


固まったらテープはそのままにして
e0146402_2157593.jpg



キャノピーフレームをセットします。
e0146402_21593339.jpg


そして胴体側マグネット極性に合わせてマグネットをフレームにはめ込んで
接着剤でマグネットを接着します。

固着後、セロハンテープを剥がして
再度キャノピーフレームをセットし、固定を確認いたします。


キャノピーを外す時は
e0146402_2234458.jpg

キャノピー後部を横にずらして磁力を解除し

上に
e0146402_2245946.jpg

開放いたします。
by thermal-kobo | 2008-06-09 22:07 | キャノピーロックマグネット | Comments(0)