カテゴリ:機体ナンバーの塗り方( 1 )

大型機のマーキング

スケール機には欠かせないナンバーですが、大きくなると大変です。

弊社では、小型機はカッティングシートをシールカッターで作って貼ったり、フィルム張りの機体はオラカバをカットしてアイロンで貼付けておりました

そこで今回、1/3ミニモアは経済的な新しい方法で行う事に。

主翼にはあらかじめ位置を示す基準ラインをマスキングテープで印しておきます。

e0146402_738269.jpg



次ぎに原寸図のナンバーを普通紙にコピーいたします。
e0146402_7463547.jpg

そしてナンバー部をカッターでカットし


e0146402_748658.jpg

バラバラにならないようマスキングテープでスポット止めして



e0146402_74954.jpg

仮止め用スプレーボンドを



e0146402_7492880.jpg

ナンバーの境目に吹き付けます。

後で剥がしにくくなると困りますので全体には吹き付けません。

2〜3分置いてもう一度吹き付けます。

少しだけ乾かして



e0146402_7495789.jpg

主翼の文字位置に正確に貼付けます。

次ぎに
e0146402_7501690.jpg

ナンバー部分を剥がします。

そしてまんべんなく

e0146402_892836.jpg

マスキングし、

e0146402_894730.jpg

軽く吹き付けていきます。


e0146402_810125.jpg

半乾きすればすぐにマスキングを剥がし

e0146402_8103426.jpg

不用意に浮き上がって吹きこぼれた部分やにじんだ所が有ればカッターの刃先等で
削ぎ取ります。

※この方法を行う場合は、スプレーボンドの塗具合、乾燥時間、重ね塗り等を十分にテストしてから進めて下さい。
by thermal-kobo | 2008-04-30 08:18 | 機体ナンバーの塗り方 | Comments(0)