カテゴリ:ツイン・アクロ( 41 )

ツイン・アクロ 墓山で飛ばす

会社近くの高見山と言うスロープエリアですが、私が今から40年ほど前に初めてラジコングライダーを愛好家さんが飛ばしているのを見学した場所で、その時の強烈な印象が今に至っているのです。
当時はガムシャラに操縦練習をして上手く着陸出来ればこの上ない喜びとなったのです。
その後、脱サラして会社を立ち上げてスケールグライダーが自由に作れるようになったのですが経営は厳しかったです。

近年、その山で大き目のグライダーを飛ばした時の動画です。





by thermal-kobo | 2017-06-28 21:05 | ツイン・アクロ | Comments(0)

九州出張フライトその2

初めての飛行場では周りの道路や鉄道、施設の他に滑走路に対する乱流等の予測を地元のフライヤー様から情報を頂きます。
e0146402_21301063.jpg
そしてまずは無難なXC-アバンギャルドで気流をチェックいたします。

ある程度空域の雰囲気が解れば、いよいよ離陸



高度を取れば水を得た魚ですが、次の心配は着陸ですので何度もコースの取り方を練習して降ろします。



スポイラーの出し入れを加減しながら着地地点を目指し、接地寸前にエレベーターを少しアップして減速すると良いです。

慣れて来ると、この芝生に降ろすと決めて目指します。



このように目標を決めて練習すると自由自在になってきます。


by thermal-kobo | 2017-06-25 22:07 | ツイン・アクロ | Comments(0)

九州出張フライト

梅雨の合間をぬって福岡に遠征する事になりました。
e0146402_21531867.jpg
前日はまだ雨も降らず、十分に準備をして翌日出発!


福岡までは瀬戸大橋経由で約630キロ程なので広島でランチタイムの為、インター降りて市街の鉄板焼屋さんに行く事に

そこで行き着いたのが
e0146402_21565571.jpg
こちらのお店



e0146402_21575750.jpg
豚玉スペシャル定食

凄いボリュームで高齢の私はじっくり時間をかけて完食いたしました。
この時のカープソースは好みに合って美味しかったです。

そして頑張って後半の移動
e0146402_22000872.jpg
下関側から渡るのは人生初の経験ですが、この海峡は狭いですねえ!

そして飛行場に到着
e0146402_22032031.jpg
初めてのフィールドは緊張いたしますが風向きや立木の影響などを十分考慮してテイクオフに備えます。
e0146402_22050463.jpg











by thermal-kobo | 2017-06-24 22:06 | ツイン・アクロ | Comments(4)

ツイン・アクロ 3.6M数年ぶりのフライト

デモ飛行を行う事になりまして機体の整備と新しいプロポに交換し、好天の飛行場に行って来ました。
e0146402_205358.jpg

当時製作していたドリーを使っての離陸です。

飛行重量は3210g

そして着陸

やはり具合の良いグライダーです!


次は物件搭載を1000gとした離着陸


この時は飛行重量4210gですが、向かい風がほとんど無い状態でした。


さらに2号機にはカシオペア製のモーターを搭載しての離陸


そして着陸

動力用バッテリーは全て4S×4000mAです。
by thermal-kobo | 2017-04-16 21:23 | ツイン・アクロ | Comments(0)

ピュアツイン完成!

電動全盛期に初の1/6ツイン・アクロのモーターレスを
e0146402_20154497.jpg

スペシャルオーダーで受注、製作させていただきました。

さて、気になる軽さは?
e0146402_20174876.jpg

1500グラム! 受信機とバッテリーを前一杯でほぼ重心が合った飛行状態です。


このスパン3000ミリのフルスケールで
e0146402_2020506.jpg

この重量だと翼面荷重はおよそ32グラムですからゴムのショックコードでも十分サーマルハンティングが楽しめそうです♪


今回の製作ポイントは
e0146402_20243814.jpg

主尾翼にオラライトホワイトを使用してテールが軽くなった分がノンバラストの結果と思います。

あ! それから今回搭乗したパイロットはいつものバキューム製品が品切れの為、ソフビ製を乗せたのも重心合わせに貢献しています。

早速納品ですが、私も欲しくなりました・・
by thermal-kobo | 2011-04-05 20:30 | ツイン・アクロ | Comments(2)

ピュアグライダー

今回製作しています1/6のツイン・アクロですが
e0146402_21205890.jpg

モーターを積まない仕様なので
e0146402_21221772.jpg

重心合わせを楽にする為、サーボを前方にセットいたしました。
by thermal-kobo | 2011-04-05 19:32 | ツイン・アクロ | Comments(0)

元祖ツイン・アクロ製作記完結編

キャノピーとフレームの塗装が出来ましたら
e0146402_1638778.jpg

いよいよ接着です。

私がいつも使っているのは
e0146402_16384441.jpg

この合成ゴム系のクリアー接着剤です。これをフレーム周囲に薄く塗りまして


胴体にフレームをセット
e0146402_16403882.jpg

接着剤が少し乾燥した所で

キャノピーを慎重にかぶせます。
e0146402_1642198.jpg

もし接着剤が溢れても、ベンジンで拭けばたとえ乾燥していても解けて退きますのでご安心下さい。

※1/6パイロット人形と胴体ライン及びナンバーはオプションです。



完成後、キャノピーを開ける時は
e0146402_16443422.jpg

この部分を横に押して

e0146402_1645578.jpg

マグネットの磁力を解放し

e0146402_16455245.jpg

上に引きます。


今回の完成重量は
e0146402_16472795.jpg

e0146402_16474382.jpg

飛行状態で1960グラムでした。
e0146402_1650220.jpg

BECは使わず700mAバッテリーを重心合わせの為、胴体後部にセットしています。


この大きさで
e0146402_16514265.jpg

この重量なら圧倒的な浮きの良さと滑らかな飛び、優しい着陸が体感出来ますので是非コレクションにご検討下さい。

製品情報はこちら
http://www.thermal-kobo.jp/item/index.php?id=129&mode=info&group=grp01
by thermal-kobo | 2010-12-31 16:57 | ツイン・アクロ | Comments(0)

元祖ツイン・アクロ製作記その16

いよいよ真骨頂のキャノピートリミングです。


まずは大きめにカットし
e0146402_21211956.jpg

胴体に合わせ、前後左右と
e0146402_21221952.jpg

擦り合わせますが、削り過ぎて足らなくならないよう注意して下さい。

More 続きはこちら
by thermal-kobo | 2010-12-24 21:28 | ツイン・アクロ | Comments(0)

元祖ツイン・アクロ製作記その15

前回の記事に抜かりが有りました。

キャノピーノックピン位置には
e0146402_22592464.jpg

このパーツをあらかじめ内部に接着しておかなければなりません。


そして
e0146402_2304494.jpg

ピンを接着し
e0146402_231682.jpg

このようになっている訳です。
by thermal-kobo | 2010-12-22 23:01 | ツイン・アクロ | Comments(0)

元祖ツイン・アクロ製作記その14

キャノピーフレーム仕上げの肝に入ります。
e0146402_21103669.jpg

フレーム床板を胴体にテープで仮止めし、前フレームを合わせます。


そして
e0146402_2112751.jpg

この機首ラインに沿っていない部分を

e0146402_21134031.jpg

ライン角度、キャノピー厚さ、接着剤代に合わせ

アバウト!に削ります。

More 続きはこちら
by thermal-kobo | 2010-12-21 21:25 | ツイン・アクロ | Comments(0)