カテゴリ:Ka-8cスーパーライト( 96 )

Ka-8c スーパーライトのモーターマウント その2

次にOS製を例にしたモーターがバックマウントの場合の取付法です。

まずベニヤ板製モーターマウントを2枚接着し
e0146402_20105755.jpg
次にL型金具を画像のようにM4皿ビスとナイロンナットでベニヤマウントに締め付けます。
e0146402_20121487.jpg

そしてモーターをL型金具にM4ボルトで固定
e0146402_20144892.jpg
そのユニットを
e0146402_20160238.jpg
機首に乗せて
e0146402_20164652.jpg
タッピングネジで固定すれば完成です。

e0146402_20175692.jpg
最後にノーズコーンをかぶせて
e0146402_20183983.jpg
ロングプロペラアダプターの出具合を微調整して下さい。










by thermal-kobo | 2017-12-03 18:11 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトのモーターマウント その1

スーパーライトのモーター取り付けに関して質問がございましたのでマウントの説明をさせて頂きます。
この機体には直径50ミリクラスのアウターローターモーターを使用するのが最適ですが、メーカーによってフロントまたはバックマウントタイプと取付穴ピッチが違っています。
そこで今回、L型モーターマウントにハッカー製タイプ(ピッチ25ミリ)とOS製タイプ(ピッチ30ミリ)の穴を開けた金具を新設計いたしました。
e0146402_19325725.jpg

まずはハッカー製のようなフロントタイプの取付方です。
e0146402_19361791.jpg
L型金具をベニヤマウント(2枚重ねに接着)にM4皿ビスとナイロンナットで固定し、モーターをL型金具に締め付けます。


次にベニアマウントを機首に乗せて
e0146402_19430008.jpg
タッピングネジで固定して
e0146402_19435113.jpg
完成です。
e0146402_19443203.jpg
※尚、このモーターマウントセットは必用ベニヤ板とビス類のセットで¥4,000(税別)ですが、
別途Φ6ログプロペラアダプターが必用です。





by thermal-kobo | 2017-12-02 19:48 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライト、広大な滑走路への着陸




間制限が無く、芝生も広いので十分に伸ばして着陸出来ますが指定点が無いと練習にはなりませんね!




by thermal-kobo | 2017-12-01 16:00 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

K-8c 1/3 ウインチ曳航 機内カメラ

今回はフタバ電子製の左右で180°旋回するロボットサーボが手元に有りましたので、そのサーボホーンに直接GoProを固定して操縦席にセットしましてウインチ曳航から着陸までの影像が記録出来ました。
曇天の時折小雨でしたのでサーマルを捉える事は出来ませんでしたが、沈下率の低い所を出来るだけ無駄舵を打たないよう心がけて操縦しています。
音もなく上昇していくシーンはウインチ曳航ならではで、実際に乗った気分で景色をご覧下さい。



乱流が無く、機体も大きいのでどっしりしていてデジタルサーボの音が無ければ実機のようです。

by thermal-kobo | 2017-11-28 20:31 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

1/3 Ka-8c スーパーライト用のモーターマウント更新中

キットに付属しているモーターマウントはハッカーB50-13XLクラス用で、現在入手しやすいアウターローターモーターがそのままでは取り付けられません。
e0146402_20083067.jpg
そこで、ハッカーA-50クラス(フロントマウント)やOS製 OMA-5025-375(バックマウント)にも対応出来るマルチマウントを考えておりまして、L型金属パーツのモーター取り付け穴はPCD25と30といたします。
e0146402_20084074.jpg




by thermal-kobo | 2017-11-11 20:12 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

1/3 Ka-8c スーパーライト 親子で離着陸訓練

来る11月26日開催の四国スケールグライダーミーティングに備えてOS製のOMA-5025-375モーターの実力を試しました。
バッテリーはリポ6S×5000mAでペラはグラウプナー17×10です。
e0146402_20483567.jpg
十分な上昇ですから5セルでもOKでしょう!

そして専用のドリーでのタキシング
ゆるやかに行うと上手く行きます。

着陸は
最後のフレアーのタイミングを逃がしてしまいました。

次に後継者がこの大型機の離陸に初挑戦!
何とか無事離陸♡

上空では凄く安定が良いとのコメントで登龍門の着陸にも初挑戦し
e0146402_20485455.jpg
無事成功!
今後に期待です。





by thermal-kobo | 2017-11-01 20:49 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの胴体修理 その4

Ka-8bキットのスモールタイプキャノピーは1/6ソロと1/4プレミアムには一体型のパーツが付属していますが1/3はオプションでセパレートとなっていますのでトリミング摺り合わせにはかなり神経を使いますが出来上がるとクラシカルなオーラを放ってくれます。
e0146402_20313220.jpg
そしてこの機体には競技会定点着陸対策で実機同様のホイルブレーキを装備しています!
e0146402_20324522.jpg
構造は簡単で真鍮板をサーボで引っ張ってタイヤと摩擦させる方法で、操作はスポイラーを一杯出した時にブレーキが掛るセッティングです。



by thermal-kobo | 2017-10-21 20:36 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの胴体修理 その3

今回の修理ではキャノピーも破損していましたので
e0146402_21460230.jpg
ムード有るスモールタイプのキャノピーに
e0146402_21472003.jpg
変身させる事に



by thermal-kobo | 2017-10-17 21:47 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの胴体修理 その2

次はラインの塗装ですが、数年前に塗ったワインレッドのカウリング部と今回の胴体側面の色が上手く合うか?
e0146402_21335948.jpg
勘で調整して調色し

e0146402_21352660.jpg
大げさなマスキングをして塗装!

e0146402_21360030.jpg
結果、蛍光灯の下では成功かな




by thermal-kobo | 2017-10-16 21:36 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの胴体修理

11月26日に開催されます「四国スケールグライダー ミーティング 2017」の参加を目指して数年前に駐機中、突風にあおられて胴体前部を大破していたKa-8c スーパーライト試作1号機の修理を始めました。
まず、胴体後半は無傷ですのでテックスをそのままにして前部破損部の胴枠や側板を修復し、新たにテックスを張り塗装する事にいたしました。
※胴体Dナンバーをまた作るのが面倒なのです。
e0146402_19140483.jpg
そしてせっかくですから主翼受け部も現在の標準で有るサフェサーを塗る事に
e0146402_19161509.jpg
手間は掛かりましたが良い感じ

次に胴体下のソリ部の仕上げですが
e0146402_19193259.jpg
写真のオレンジの部分のように
e0146402_19195809.jpg
テックスを張ります。

この部分は実機はクッションとなる所でビニールレザーが張られています。
e0146402_19223390.jpg
e0146402_19224808.jpg
そこを表現する為に、このように台形に張ると実機感だ出ます。

最後に入念にマスキングして
e0146402_19242122.jpg
Dナンバーに白色塗料がかからないよう塗装を行います。
e0146402_19253627.jpg
何となく胴体後半が何年かの経年変化で黄ばんでコントラストが付いているようですが塗料が硬化後にコンパウンドで磨くと気にならなくなると信じていまが、実機も修繕した所だけ補修塗装していますのでその痕跡は歴戦の勇姿と言う事で。

※この機体は今まで幾度かの空中接触を体験していますが、最後の宝山湖での同じ
Ka-8bとの衝突は衝撃的で2機とも滑走路に帰還出来たのは奇跡でした。






by thermal-kobo | 2017-10-15 19:42 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)