カテゴリ:Ka-8cスーパーライト( 88 )

Ka-8c スーパーライトの胴体修理 その2

次はラインの塗装ですが、数年前に塗ったワインレッドのカウリング部と今回の胴体側面の色が上手く合うか?
e0146402_21335948.jpg
勘で調整して調色し

e0146402_21352660.jpg
大げさなマスキングをして塗装!

e0146402_21360030.jpg
結果、蛍光灯の下では成功かな




by thermal-kobo | 2017-10-16 21:36 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの胴体修理

11月26日に開催されます「四国スケールグライダー ミーティング 2017」の参加を目指して数年前に駐機中、突風にあおられて胴体前部を大破していたKa-8c スーパーライト試作1号機の修理を始めました。
まず、胴体後半は無傷ですのでテックスをそのままにして前部破損部の胴枠や側板を修復し、新たにテックスを張り塗装する事にいたしました。
※胴体Dナンバーをまた作るのが面倒なのです。
e0146402_19140483.jpg
そしてせっかくですから主翼受け部も現在の標準で有るサフェサーを塗る事に
e0146402_19161509.jpg
手間は掛かりましたが良い感じ

次に胴体下のソリ部の仕上げですが
e0146402_19193259.jpg
写真のオレンジの部分のように
e0146402_19195809.jpg
テックスを張ります。

この部分は実機はクッションとなる所でビニールレザーが張られています。
e0146402_19223390.jpg
e0146402_19224808.jpg
そこを表現する為に、このように台形に張ると実機感だ出ます。

最後に入念にマスキングして
e0146402_19242122.jpg
Dナンバーに白色塗料がかからないよう塗装を行います。
e0146402_19253627.jpg
何となく胴体後半が何年かの経年変化で黄ばんでコントラストが付いているようですが塗料が硬化後にコンパウンドで磨くと気にならなくなると信じていまが、実機も修繕した所だけ補修塗装していますのでその痕跡は歴戦の勇姿と言う事で。

※この機体は今まで幾度かの空中接触を体験していますが、最後の宝山湖での同じ
Ka-8bとの衝突は衝撃的で2機とも滑走路に帰還出来たのは奇跡でした。






by thermal-kobo | 2017-10-15 19:42 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8 ヴィンテージ仕様

もう製作して10年近くになると思いますがオーバーホールを請け負いました。
e0146402_21003982.jpg
あらためてこのキャノピーフレームの表現を手前味噌ですが
よく細工したものだなあ〜と思ってしまう


by thermal-kobo | 2017-06-20 21:02 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトに、新たなオーナー様

先日、高知ラジコンクラブ飛行場においてKa-8cの納品初フライトを行う事に
e0146402_1958135.jpg

少々荒れ気味の天候でしたが
e0146402_19583845.jpg

e0146402_2055738.jpg

e0146402_207159.jpg

無事2フライトをこなすことが出来ました。
e0146402_201388.jpg

by thermal-kobo | 2016-08-04 20:30 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

カーエイト青バージョン

なかなか渋いです!
e0146402_2185343.jpg

スモールキャノピーもムード満点♪
e0146402_219454.jpg

スーパーライト用スモールキャノピーをご希望の方は製作いたします。
by thermal-kobo | 2016-06-07 21:09 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトにスモールキャノピーその4

キャノピートリミング中の動画をアップし忘れていました。

by thermal-kobo | 2016-01-15 20:37 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトにスモールキャノピーその3

キャノピーの仕上げ塗装が硬化したら
e0146402_19123262.jpg

マスキングを剥がす前に中目のコンパウンドで表面を良く磨き、ケバい艶を落として

e0146402_19123779.jpg

しっとりした艶に仕上げますと使用感有る渋い感じになります。

e0146402_19125185.jpg

※胴体・垂直・ラダーも同様にコンパウンドで磨きます。


次にキャノピーフレームを黒又はグレーに塗装し
e0146402_19141355.jpg

ヘッドレストを赤に仕上げて接着したらフレーム完成!


最後に
e0146402_19151935.jpg

キャノピーフレームにボンドG17クリアーを塗って半乾き時にキャノピーをかぶせて

マスキングテープで固定
e0146402_19231436.jpg

一晩置いてからキャノピーを外し、はみ出しているボンドをベンジンで拭き取り
小窓を接着したら完成!
※ベンジンはウレタンやラッカー塗料を溶かしませんので安心して使えます。
by thermal-kobo | 2016-01-11 19:26 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトにスモールキャノピーその2

キャノピーの裾周りが完了すると小窓をあけまして
e0146402_1933284.jpg

スモールキャノピーのトリミングを行います。

この作業は大変難しいですが
e0146402_194362.jpg

外形ラインを揃えるのと目立つ隙間が無く均等に仕上がるまでは何時間かけても
慎重に行います。


納得したら
e0146402_199466.jpg

透明部の裏表をマスキングし

ラッカーサフェーサー下塗り後
e0146402_19102994.jpg

仕上げ塗装を行います。

続く
by thermal-kobo | 2016-01-09 19:11 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトにスモールキャノピー

前々から組み合わせてみたかったキャノピーを製作するチャンスが出来ましたのでご紹介させて頂きます。
パーツはソロやプレミアムと違ってツーピースとなりますので、まずは裾周りのトリミングから初めます。

まずキャノピーフレームを胴体に慎重に合わせまして
e0146402_21154055.jpg

裾バキュームパーツの厚み分を引いた摺り合わせを十分に行います。
e0146402_21145581.jpg

次に裾パーツは透明ですからトリミングラインを見極めます。

特に
e0146402_21185250.jpg

この位置は確実に合わせないと【つじつま】が合わなくなりますので52ミリをキープ

そしてトリミングが完了すると下塗り(ラッカーサフェーサー等)をして胴体合わせ
e0146402_2121593.jpg

透明時に解らなかった摺り合わせを更に行います。

続く
by thermal-kobo | 2016-01-04 21:25 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)

Ka-8bの塗装

カーエイトの仕上げに付いて、よくご質問を頂きます。
そこであらためて弊社での方法ですが、縮尺の大小にかかわらずこの機体は、胴体と垂直尾翼・ラダーはテックスを張って好みの塗装をし、主翼と水平尾翼を胴体カラーリングに合わせたフィルム張りがベストだと思っています。

ポイントは、テックスを張った後に
e0146402_2213328.jpg

軽くラッカーサフェーサーを吹き付けて

e0146402_22143121.jpg

#320前後のペーパーで軽くサンディングすると下地の状態が良く解りますのでテックスの継ぎ目の浮き上がりや毛羽立ちを瞬間接着剤で修正いたします。


その後は、塗料が付いてほしくない部分をマスキングし
e0146402_22175089.jpg

思いのカラーリングに入ります。
by thermal-kobo | 2015-11-19 22:19 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)