カテゴリ:回想録( 8 )

30年ほど前?

たまたま目についた古いラジコン技術誌です。
e0146402_22484393.jpg


その中に高知の大会レポートが有りまして
e0146402_22505069.jpg

記事を読んでいますと
e0146402_22535139.jpg

なんと船上カメラマンさんが1位入賞されていました!

当時から才能があったんですねえ♪


さんづけはまだまだ続きそうです・・
by thermal-kobo | 2012-04-20 22:55 | 回想録 | Comments(2)

ワンツーシックス

先日納品させていただきました展示用三田式3型のオーナー様は学生時代に東海大航空部で復座グライダーの訓練を受けた後、初ソロフライトをシュワイツアーSGS 1-26Eで行なったそうです。

その時は、復座練習機と比べてまるで軽快なスポーツカーの様だったとの感想を頂きました。

弊社では以前、1/6の1-26Aキットを販売しておりまして今でも多くの方がフライトを楽しまれておられます。

この写真は
e0146402_19391486.jpg

今から17年ほど前に兵庫県のレッドクリフ(赤壁)で1-26Aを手投げしている私。

More 続きはこちら
by thermal-kobo | 2010-07-30 19:54 | 回想録 | Comments(0)

荒倉山

私が脱サラしてサーマル工房を開業した頃、高知の荒倉山は
e0146402_201226.jpg

毎週このような光景でした♪
by thermal-kobo | 2010-04-24 20:02 | 回想録 | Comments(2)

大観峰に行き始めた頃

今から二十数年前と思われます。
e0146402_2163881.jpg

ゼッケン18番の私は出来たばかりの1/5B4Tを持っています。

で、

ゼッケン27番は現高知ラジコンクラブの会長さんです!




その方が
e0146402_2195480.jpg

B4Tを投げてくれた瞬間です。  ドリフトしている?



ところで、ゼッケン12番の方は

今好評の福山龍馬さんに似ていませんか?
by thermal-kobo | 2010-04-22 21:12 | 回想録 | Comments(4)

1/5Ka-6CR

カラー画像が見つかりました!
e0146402_23151362.jpg

これは譲渡後にオーナー様から破損箇所の修復依頼が有り、完成後に記念撮影した物で、1994年です。

続きはこちら
by thermal-kobo | 2010-04-11 23:27 | 回想録 | Comments(0)

一機しか作られなかった機体その2

アレキサンダーシュライハーKa-6CR
e0146402_2192332.jpg

e0146402_219541.jpg

1/5スケールでスパン3メートル。

当時の学生航空連盟ではハチハチと呼ばれていました。

ラジコン界ではフライングテールのマルチプレックス等、Eタイプが主流でCRはキットが有りませんでしたので作ってみたのです。


しかし

続きはこちら
by thermal-kobo | 2010-04-10 21:26 | 回想録 | Comments(2)

一機しか作られなかった機体

30年近く前のこの写真?
e0146402_20185327.jpg

実は、私がサラリーマン時代に趣味のグライダーを製作していた時の工作部屋なのです。

およそ六畳で当時購入した三和電子さんの1/4スケールASK-18主翼3分割構造を2分割に改造組立するための定板がセットされています。

突き当たりにある胴体は、丸鷹さんの1/5?セスナバードドックで飛行機曳航を行なうべく入手していた物でその右にはミシン鋸が有り、パーツ製作の主力兵器でした。


そして、工作部屋からは沢山の機体がリリースされる事に!
e0146402_20361764.jpg

この機体は海外の実機グライダー専門誌(ソアリング)でよく見かけたシュワイツアーSGS-1-35スプライトで、縮尺1/5スパン2800ミリで製作したものです。

胴体は0.6ミリ航空ベニア巻胴で主尾翼はリブ組バルサオールプランクでした。

初飛行は電動ウインチで行い、特に問題なくフライトしていたように思いますが次回テーマの為、譲ってしまいました。
by thermal-kobo | 2010-04-09 20:44 | 回想録 | Comments(0)

過去の機体

先日のとおりすがりさんコメントに有りましたGROB ASTIR III 1/5(スパン3M)は
サーマル工房を始める前に自作していた物です。
e0146402_21252441.jpg

バルサブロックで胴体マスター型を製作し、FRPボディを作って主尾翼発泡バルサプランクで仕上げた物です。

これは
e0146402_21272978.jpg

鳥取砂丘で行なわれたサーマル大会に参加した時で、ショックコードで発航している様子です。

この頃は、高速道路も不備で軽四ワンボックスを片道9時間運転して月曜朝には普通に出勤していましたねえ!


所でこの機体は後日、広島の福山で行なわれたサーマル大会時にウインチ曳航失敗で墜落大破してしまいました。しかしこの時の教訓で、それ以後の曳航失敗はございません。


この作品は、結構軽くて後日キット化いたしましたが現在は生産終了しています。
by thermal-kobo | 2010-04-03 21:35 | 回想録 | Comments(0)