カテゴリ:FRP胴体の修理( 1 )

ツイン・アクロ破損

1/6サイズの胴体がクラッシュしたとの事で修理依頼がございました。
e0146402_203169.jpg

機首から突っ込んだようです。

大きな破損箇所は
e0146402_204376.jpg

機首回りと

e0146402_2041819.jpg

左横です。


処方は
e0146402_206461.jpg

まずグラグラしている所に瞬間接着剤を流して仮止めいたします。
※変形するといけませんのでキャノピーを当てがいながら行ないます。


機首ベアリング横の欠損部分には
e0146402_2083625.jpg

表からガラスクロスを同じく瞬間接着剤で貼りますが、シャフトとベアリングに接着剤が回らないよう注意します。



次に大きなクラック部の表側に
e0146402_20104029.jpg

荷造りテープを貼って

e0146402_2013881.jpg

それぞれ内側に

e0146402_20132290.jpg

ガラスクロスの端切れを当て、瞬間接着剤を流して固めます。
※事前に胴体内面をサンドペーパーで荒らしておく事!


硬化後
e0146402_20152282.jpg

表側をサンディングし


e0146402_2016563.jpg

さらに凹んだ所をパテ処理して


サンディングしたら
e0146402_20165976.jpg

後は白色を吹き付けるだけですね♪


ところでこのツイン・アクロ1/6 http://www.thermal-kobo.jp/item/index.php?id=129&mode=info&group=grp01

とKa-8bソロ http://www.thermal-kobo.jp/item/index.php?id=111&mode=info&group=grp01&level=4

はサイズ、飛行重量等がグッドバランスでスケールグライダー入門には絶好の機体ですよ!
by thermal-kobo | 2011-11-01 20:18 | FRP胴体の修理 | Comments(0)