カテゴリ:モーターシャフトの入れ替え( 1 )

OS製 OMA-3820-1200の場合

まずシャフトを固定しているセットスクリューですが、前後それぞれ90度の位置で2本づつ固定されています。
e0146402_2034375.jpg

フロント側はネジが見えていますので簡単ですがリア側は隠れています。
しかし位置はフロント側と同じですのでこのようにマスキングテープを貼ってレンチを通す穴位置を記しておきましょう!


次に
e0146402_2094780.jpg

e0146402_2095692.jpg

4本のセットスクリューを緩め


弊社にて販売しているΦ5ロングシャフト(¥840)に
e0146402_20114926.jpg

差し替えます。


e0146402_20122938.jpg

簡単に行えますので


e0146402_20132535.jpg

機体に合わせた位置で


e0146402_20135288.jpg

4本のセットスクリューを
e0146402_20141895.jpg

締め付けて
e0146402_2014357.jpg

完了!
※注意点は、ロングシャフトのDカット位置は必ずしも合いませんので無視致しますが中途半端に接する懸念が有る場合は軸を回転させて干渉しないようにして下さい。


このモーターは弊社グライダーの場合、マザゾーLタイプ・ハッカーA30・ハイペリオンZS30クラスに適合いたします。
by thermal-kobo | 2013-09-12 20:18 | モーターシャフトの入れ替え | Comments(0)