カテゴリ:ギャラリー( 9 )

プライマリーグライダー

昭和16年頃の模型誌。
e0146402_2131124.jpg

おそらくその頃の少年達が胸躍らせたと思われる内容の記事です。
e0146402_21333578.jpg

私もスリーピースで作業したらこのような雰囲気になるのかなあ?
e0146402_21335087.jpg

で、今で言うJAXAでしょうかねえ?

そしてモデルの
e0146402_21344257.jpg

コマーシャルも

拡大すると
e0146402_2136151.jpg

e0146402_21361277.jpg

1/5キットが10円で販売されていたようです。
by thermal-kobo | 2011-06-29 21:37 | ギャラリー | Comments(5)

戦前の超大型模型グライダー

e0146402_21515233.jpg

この昭和17年発行の資料を調べていましたら
e0146402_2153293.jpg

このような大型模型の記事が目に止まりました。
e0146402_21535756.jpg

凄いですよねえ!
e0146402_2154363.jpg

さぞかしワクワクしたり、足が震えたりした事でしょう!

詳しい内容は
e0146402_2156334.jpg

こちらですが


さらによく読むと
e0146402_21592673.jpg

翼面積は平方粉?と書いて有りますが

今で言う、d㎡でしょうか?
by thermal-kobo | 2011-04-21 22:02 | ギャラリー | Comments(0)

70年程前のスケールグライダー

友人から古い資料がお借り出来ました。
e0146402_20191145.jpg

太平洋戦争初戦の頃に創刊されたようで


e0146402_2026880.jpg

航空模型を推進する本です。


その中に
e0146402_20263072.jpg

このような記事が有り
e0146402_20271692.jpg

この機体に注目いたしました!

実機と同じ構造で製作されたと思われますが、接着剤やその他の資材が入手しづらい時によくこれだけの作品が生まれた事ですねえ♪

前田式は九州のメーカーですから身近に本物が取材で来たのでしょうねえ。

うらやましいです・・
by thermal-kobo | 2011-04-19 20:32 | ギャラリー | Comments(0)

先人に学ぶ

最近、ラジコン機によるグライダーの飛行機曳航がメジャーになり、皆さんフライト技術や機材に慣れて無難に曳航を楽しんでおられますね。


ところが、今から70年ほど前の太平洋戦争開戦直後の模型誌ですが
e0146402_22471980.jpg

驚くなかれ!
e0146402_22481167.jpg

ゴム動力模型飛行機による
e0146402_233515.jpg

e0146402_22514073.jpg

曳航が紹介されています!!!


ラジコンならば多少機体が捩じれていても飛行は修正出来ますがフリーでは正確無比が要求されますでしょうねえ。
by thermal-kobo | 2011-03-20 22:59 | ギャラリー | Comments(0)

力作

弊社製品のユーザー様である白須様からフライト画像を頂きましたので、

ご紹介させて頂きます。
e0146402_2034889.jpg

ウルフ

e0146402_206587.jpg

レーンシュペルベル

e0146402_2052052.jpg

ライハー

e0146402_2055623.jpg

カーエイト・ソロ

e0146402_2075133.jpg

グルナウベビー1/7.5


コツコツと製作されてフライトを楽しみ、コレクションされる

凄いですねえ!

※撮影は航空写真家である 山康博氏です。
by thermal-kobo | 2009-04-11 20:11 | ギャラリー | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトの離着陸

5月11日に開催された競技会に参加されたK上さんから

Ka-8c スーパーライトの画像をいただきましたので、ご紹介させて頂きます。

大型機の離陸に、このダリーは100%成功しています。

e0146402_20264671.jpg



e0146402_2027290.jpg

操縦者から見ていますとニッケル水素18セル3300mAはアンダーパワーに感じますが
この画像をだと十分なパワーに思えます。

e0146402_20271472.jpg

7分マックス競技でしたので50秒余りモーターを回しましたが高度が余ってしまい

スポイラー全開、スパイラルで高度処理する事に。


e0146402_20272541.jpg

着陸は、向かい風を最大限利用してスポイラーを駆使している様子です。

機体を持っているのではございませんので。



e0146402_20274188.jpg

ジャッジが着地時間を見守っている所です。

このコースだと定点に軸線がピッタリ合っています。

結果は、ブレーキが少し及ばず定点70点、滞空は5秒オーバーでした。
by thermal-kobo | 2008-05-17 20:35 | ギャラリー | Comments(0)

空撮画像

先日、高見山にて3台のカメラで撮影した画像をニシ君が編集して下さいました。

空撮カメラはツインアクロ、アーバンXC、地上からは、はるばる東京から来高された鈴木様の撮影です。

どうぞご覧になって下さい。
http://www.marine.maxs.jp/movie_air_glider/TA_Ur.wmv
by thermal-kobo | 2008-04-09 00:03 | ギャラリー | Comments(0)

ツイン・アクロ フォーメーション

事故が有ってもやはり編隊飛行はやってみたいものです。

ツイン・アクロ1/6を私、1/10を新階操縦士で行った時に電波実験社の末広カメラマンが激写して下さいました。


まずは仲良く上昇。


e0146402_2023061.jpg

そして機軸を揃えてみます。

e0146402_2024105.jpg

大きい機体に小さい方が追従する感じ。

e0146402_20252734.jpg

旋回してみます。

e0146402_2026855.jpg

少しずつ近づいて

e0146402_202746.jpg

だんだん

e0146402_2029027.jpg

慣れて来て

e0146402_2030368.jpg

近づくのが怖くなくなり

e0146402_20322644.jpg

さらに接近!

e0146402_20331074.jpg

や、ヤバいか!

e0146402_20335969.jpg

うわー! スーパーショット!!!

e0146402_2035688.jpg

通り過ぎ

e0146402_2036473.jpg

離れて行く

e0146402_20363758.jpg

実際はスパンが3メートルと1.8メートルですから高度差が有りぶつからない訳です。

e0146402_20402438.jpg

これらの画像でツイン・アクロの操縦性がご理解いただけると思います。

末広カメラマン、ご苦労様でした。
by thermal-kobo | 2008-03-25 20:47 | ギャラリー | Comments(0)

衝撃画像!

3年ほど前になりますが、弊社の社有機1/5ミニモア3機を私と吉永、新階操縦士3人で編隊飛行中にアクシデントが起こりました。

その時の模様を電波実験社の末広カメラマンがもれなく激写して下さっていました。

激写! → モーパック? → 古いか!



まず新階機の左翼に吉永機のメインギアが上から激突、
e0146402_0194039.jpg



そして

e0146402_0214428.jpg

反動で両機の機首が接触!

その後、

e0146402_023697.jpg

見事なクロスとなり


あげく

e0146402_023447.jpg

このようなあり得ない飛行スタイルに!!!

新階機のプロペラは下に垂れているのでマイナスGか?

この時、私の頭をよぎっていたのは?

一瞬にして社有ミニモアを2機も失う!・‥

ところがしかし、神様はいるもんですねえ!




無事
e0146402_0291721.jpg

地上ぎりぎりでリカバリーしたんですねー

会場からはどっと歓声と拍手が聞こえました。

被害は新階機の左翼にタイヤ分の穴があいていただけでした。

編隊飛行はリスクが有りますがスリリングで面白いか。

末広氏はいつか接触するだろうと数十分の間、ずっと狙っていたそうな。

ご苦労様でした。
by thermal-kobo | 2008-03-23 00:44 | ギャラリー | Comments(0)