<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

足場物語 2016-6

仮設足場の取り扱いをされています関西仮設(株)様から次回展示会用の案件を頂きまして
ステージ新設と演出等の打ち合わせの上、製作させて頂きました。

まずは舞台となるステージから
e0146402_20241569.jpg

専用の柱を作りまして、それらをブレスとクランプで繋ぎます。

次に杉板(本物と同じ)の1/10を製材し
e0146402_20272198.jpg

ステージに乗せてみます。

なんか
e0146402_2028266.jpg

良い感じになって来ました!

そこで壁と屋根と合わせながら
e0146402_20295326.jpg

バランスを検討

既成品の同スケールのフィギィア入手し
e0146402_20314738.jpg

面白くなる小細工を思案
e0146402_20341490.jpg

by thermal-kobo | 2016-07-19 20:34 | サーマル工房で出来る事 | Comments(0)

ASK-18キットの予約受け付け終了のお知らせ

ご予約の皆様、ありがとうございました。
現在キットの生産を行っておりますが、材料の都合で初回分のご予約を一旦終了させて頂きます。
次回は材料の確保が出来次第あらためてご案内させて頂きますのでよろしくお願い致します。
by thermal-kobo | 2016-07-14 15:58 | ASK-18 | Comments(0)

ASK-18 予約受け付け開始いたします。

永らくお待たせしておりましたがやっとマニュアルが出来上がりましてキットの生産を始めました。

製品特徴は以下です。


ノーズコーンが実機同様のFRP製
e0146402_1946077.jpg



スポイラーも
e0146402_19465645.jpg

上下に出るスライドアップ式
e0146402_194792.jpg

※このスポイラーの抵抗板は機体組込前に赤色に塗装する事!、試作機は忘れていますので・・・


主翼のリブも
e0146402_1948271.jpg

実機が競技用と有って翼型再現がより正確になるカーエイト級より倍の数で本物と同じ

外翼も
e0146402_19505869.jpg

実機同様にオールプランクで左右翼はカーボンカンザシによる2分割式


水平尾翼も
e0146402_1952153.jpg

脱着式


しかし最大のこだわりは
e0146402_1956366.jpg

胴体パイプフレームの雰囲気を
e0146402_19564376.jpg

レーザーカットパーツで表現した事です。
※被覆すると見えなくなりますが組立中はトラス構造による軽量なのに剛性の高さが実感出来ます。


電動化の場合は
e0146402_2093668.jpg

胴体内部からモーターの取り付けが行えます。
※キットにはΦ5ミリのフランジ付きベアリングが付属。


縮尺は1/5でKa-8bヘリテージと同スケールですがスパンは200ミリ長く、逆に主翼面積は3dm2少なくなっています。

これは実機のKa-8bが低速重視の練習機で有るのに対してASK-18は三角コース等の速度を争う競技機として開発されたからです。
主翼の平面形を見ると先代の競技用のKa-6CRやE型と類似していますので、今回発売するASK-18キットが営業的に成功しますとKa-6CRもラインナップしたくなりますねえ〜

ASK-18(ワンエイト)1/5モデルデータ
全幅   3200ミリ
全長   1400ミリ
主翼面積 53dm2
飛行重量 1800g

価格 
レーザーカット組立キット  ¥46,000(税別)

完全生地完成機       ¥80,000(税別)

最高級仕上げ完全完成機    ¥160,000(税別)
仕様 胴体及び垂直、ラダーはテックス張りウレタン塗装。主,水平尾翼はオラライトホワイト張り、キャノピー周りも完成済みで後はメカ搭載のみで飛行出来ます。
※カラーリングはご相談の上、決定
by thermal-kobo | 2016-07-07 20:14 | ASK-18 | Comments(2)

ASK-18 遂に完成の域に

雨上がりの吉日、もうこれでいよいよ上がりか?との意気込みで4年越しの機体のファイナルテスト飛行を行いました!



これからキットの生産を初めますのでご期待下さい。
by thermal-kobo | 2016-07-05 20:41 | ASK-18 | Comments(2)

オリンピア・マイゼ 復刻!

今から20年ほど前に設計・販売していた1/6スケールのマイゼですが再販のリクエストが有り、私も欲しくなって倉庫から製造治具を掘り出して復刻する作業を行っていました。

当時は540クラスのモーターとギアダウンユニットで14インチ折れペラと今では重たいニッケル水素バッテリーの組み合わせで2キロ近い重量が当たり前でした。

e0146402_20343428.jpg

今回製作した機体は、ブラシレスモーターとリポバッテリーで当時より約300グラムほど軽量化出来ました。


フライトの様子です。



e0146402_881453.jpg

e0146402_882420.jpg

e0146402_883430.jpg

e0146402_885270.jpg




近日、半生地完成キットと完全完成品を発売いたしますのでご期待下さい。
by thermal-kobo | 2016-07-02 08:12 | 新製品 | Comments(1)