<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アーバン XC に新バージョン その4



このスパン2600ミリのXC-AGを軽々と引っ張り上げる映像ですが
e0146402_20435494.jpg

搭載しているモーターはOK模型さんのER221912dBMです。
e0146402_20523031.jpg

キットにはこのハイパワーモーターをバックマウントするためのパーツをセットしていますのでそのまま搭載出来ます。

試作機2機には10×8折れペラと3S×1300mAバッテリーで丁度重心が合いまして赤が930g、青が875gで仕上がっています。

尚、このモーターはバックマウント仕様でシャフトも長い目ですからKa-8b ソロにもそのまま搭載出来ますので是非お試し下さい。
by thermal-kobo | 2016-08-31 21:09 | アーバン | Comments(2)

アーバン XC に新バージョン その3

週明けの月曜日、晴れやかな青空と美しい雲にXC-アバンギャルドの赤&青バージョンで新階選手との対決を実行することに!
e0146402_2243631.jpg


まずはテイクオフ

お互い衝突を恐れてバタバタしています!

どうも沖を迷走している台風のせいか乱流があるようで

上空でも気を付けて

高度差を取りながら


定点着陸を目指し

接触しないように着陸いたしました。
by thermal-kobo | 2016-08-29 23:02 | Comments(0)

アーバン XC に新バージョン その2

現在テスト中のXC-アバンギャルドですが、新階選手と対決する為に2号機は青バージョンで準備いたしました。
e0146402_21391574.jpg

赤とはまた違った涼しさ


しかし
e0146402_21411874.jpg

上空での視認性は赤が良いに決まっています!


そして無謀な対決は来週天候が回復した時に
by thermal-kobo | 2016-08-27 21:44 | アーバン | Comments(0)

ASK-18製作のポイント その2

この機体は大きなタイヤが胴体内にシャコタン状態にセットされますので
e0146402_1912848.jpg

車軸が胴体側面からセットされます。

その為、斜めの所に穴を開けなければなりませんがキットにはシャフトのガイドパイプをセットし
e0146402_1954514.jpg

少々手間がかかりますがキッチリ仕上がる様に工夫しております。


次にテールスキッドですが
e0146402_1964269.jpg

バネ効果が十分有る
e0146402_197429.jpg

黒色ジュラコン製を採用しています。

これで腕に自信が有る方は重心を後ろいっぱいにまで下げてパイロットに優しいテールから接地するヘッドアップ着陸をお楽しみ下さい!
by thermal-kobo | 2016-08-26 19:08 | ASK-18 | Comments(0)

ASK-18製作のポイント その1

このキットは機首のノーズコーンがコストアップいたしますが、実機と同じFRP製です。
理由は明快、実機感!

以前、Ka-8b実機のオーバーホールを取材した事が有りましてスケールサイズが大きくなるとモーターの整備に支障が無ければノーズは胴体に接着して一体化したほうが本物らしく、すっきり仕上がると判断したのです。
e0146402_20495677.jpg



しかし作業工程は増えますのでポイントはしっかり抑えて仕上げて下さい!

1、胴体完成後、ノーズコーンの接着固定は必ず使用するモーターの取り付けとノーズコーンのシャフト穴を現物確認しながら行う事です。

2、ノーズコーン接着後は胴体にテックスを張ってFRPとのオーバーラップ部をパテ処理し段差の無い融合した表面に仕上げます。
e0146402_21571314.jpg


3、ラッカーサフェーサーを吹き付けて段差が無くなれば仕上げ塗装に進みます。
e0146402_21581786.jpg


この組み合わせは弊社キットの1/5 三田式3型改1と1/4 Ka-8b プレミアムも同様で実機感有る製作を楽しんで下さい。
by thermal-kobo | 2016-08-24 22:03 | ASK-18 | Comments(0)

ASK-18 完成機

ご注文頂き、お待たせいたしております1/5ASK-18完成機の仕上げが最終段階となってきました。
e0146402_19444031.jpg

Ka-8シリーズもそうですがこのような鋼管羽布張りの機体はテックスを張るのが実感的で複雑な胴体ラインに良く馴染みます。

主翼と水平尾翼もテックスを張るとリアルですが全体重量が重くなりますので
e0146402_19482747.jpg

ここは割りきってオラライトフィルムを張って軽量化いたします。

結果、平均的なフライト重量は1800g程でこのクラスとしては軽く、プロフィールがモデファイ無しのフルスケールでもサーマルを良く捉えて上昇してくれます。

尚、腕に自信の有る方やスロープソアリング環境に恵まれている場合は主尾翼にもテックスを張るのも実機的で良いでしょう。
by thermal-kobo | 2016-08-23 19:55 | ASK-18 | Comments(0)

ASK-18専用モーター

現在、各種スケールグライダーにそのまま取り付けられる市販モーターは残念ながらほとんど有りませんので何らかの方法でシャフトを伸ばす必用が有ります。

そこでASK-18専用のモーターを準備いたしましたので改造が苦手な方はご利用下さい。
e0146402_2034224.jpg

ベースはOS製のOMA-3815-1000でシャフトをロングに交換した物でそのまま使用出来ます。

またご自身でモーター改造が出来る方はロングシャフトのみの販売もいたします。
e0146402_2063452.jpg

モーターシャフト先端からバックマウント後端までを78〜80ミリに設定して下さい。

OS製 OMA-3815-1000ロング、ASK-18専用モーター ¥9,600(税別)
Φ55ロングシャフト                  ¥800(税別)
by thermal-kobo | 2016-08-21 20:14 | ASK-18 | Comments(0)

アーバン XC に新バージョン

現在ASK-18のキットを増産中で有りますが、サーマル工房定番モデルであるアーバンシリーズ最高峰XCのモデルチェンジも進めています。
発売から10年以上経過しても人気の商品でが、当時の設計は400クラスギアダウンモーターとニッケル水素バッテリーの組み合わせで現在主流のアウターモーターとリポバッテリーの組み合わせではテールヘビーとなりがちでマイナーチェンジする事にいたしました。
設計変更部は以下です。
1、テールモーメント短縮
2、水平尾翼分割方式を固定式に変更
3、垂直尾翼面積を増加
4、垂直&水平尾翼構造をクロスリブに変更
5、強力なアウターモーターをバックマウントに搭載出来るようパーツを追加。
これらによっておよそ100g前後の軽量化が実現し、尾翼周りとエレベーターリンケージの製作も容易になりました。
現在、テスト用を2機製作して過酷なフライトを繰り返しています。
e0146402_20462884.jpg

ご期待下さい。
by thermal-kobo | 2016-08-20 20:47 | アーバン | Comments(0)

ASK-18 予約受け付け再開。

材料手配の目処が立ちましたのでご注文の受付を再開いたします。
e0146402_21135715.jpg

生地完成機や完全完成機の製作も進んでいますので今しばらくお待ち下さいませ。
e0146402_2116277.jpg

よろしくお願い致します。
by thermal-kobo | 2016-08-09 21:17 | ASK-18 | Comments(0)

Ka-8c スーパーライトに、新たなオーナー様

先日、高知ラジコンクラブ飛行場においてKa-8cの納品初フライトを行う事に
e0146402_1958135.jpg

少々荒れ気味の天候でしたが
e0146402_19583845.jpg

e0146402_2055738.jpg

e0146402_207159.jpg

無事2フライトをこなすことが出来ました。
e0146402_201388.jpg

by thermal-kobo | 2016-08-04 20:30 | Ka-8cスーパーライト | Comments(0)