イベントのご案内です。

四国で開催されますスロープソアリング大会とスケールグライダーミーティングの詳細が主催者から発表されましたのでご案内させて頂きます。
参加希望の方は表記の申し込み先に直接行って下さい。

第8回四国スロープソアリング大会


日時 平成29年11月5日(日) 8:00~9:00 受付


場所 徳島県三好郡山城町 塩塚高原 山城町側展望台(トイレ有り)


内容 : 競技開始10時。下記ルールによる各種目2ラウンドの実施を予定。

    (ただし、気象条件による)


競技 約100m間の10ラップによる速度競技。1名毎のタイムアタックとし、スケールにて

参加の場合、計測タイムを10%マイナスする。2R実施した場合は各自良い方のタイム

    を成績とする。


種目 :(1)2mクラス 翼長2000mm以下の機体。

  1. オープンクラス 翼長制限無し。

    注)電動機での参加も可能とするが、発航後、着陸停止までの間に動力による飛行を行なった

      場合、そのラウンドは無効とする。


会費 参加費:2000円/人。食事・飲み物は各自で用意すること。

       (2種目参加の方は2500円、JRGA会員はトータル額から500円引き)


資格 当日に有効な保険に加入していること。使用周波数は2.4GHzが望ましいが、

国内ラジコン用電波の上空用バンドも可とする。


申込 10月29日までに

  1. 住所 氏名 電話、②参加種目、③使用周波数(2.4GHzが望ましい)、

④機体名とプロポ、⑤保険No. 有効期限、⑥JPN番号またはRCK番号

を明記して下記へ連絡。(会費は当日、会場にて集金)


〒766-0005 香川県仲多度郡琴平町苗田401-2 篠原 英彰

Mailhide_shinoha@ybb.ne.jp

携帯:090-1322-2625


注意 :(1)ゴミ等は各自持ち帰りとし、会場周辺の美化に努めること(特にタバコ吸殻)。

会場はハイキングコースとなっており、観光客他見学者の安全を優先すること。

競技中に発生した事故は当事者が責任を持って対処すること。

競技空域はスロープ面から150m以内とします。


主催 四国ソアリングクラブ




四国スケールグライダー ミーティング2017



日時 平成29年 11月26日(日)8:30(受付)9:00~15:00 展示飛行


場所 宝山湖 芝生広場(香川県三豊市山本町神田、香川用水調整池、トイレ有り)


内容 : 自由飛行


制限 :(1)スケールグラダーであること。

    (2)ウインチ曳航用フックまたは、飛行機曳航用リリース装置を装備していること。

      または、電動モータによる自力上昇ができる機体。

    (3)曳航機は主催者が準備します。

機体重量が10Kg以上の方は事前に下記主催者までご連絡下さい。

    (4)曳航機、グライダーのどちらかが要因となり被害が生じた場合においても、

      互いに紳士的な対応を取り、争議に発展させないこと。


会費 参加費:5,000円

JRGA会員は1,000円引き。当日、会場でお支払い下さい。

    ※注:昼食代を含みます。


資格 競技会当日に有効な保険に加入していること。使用周波数は国内ラジコン用電波の

上空用周波数または2.4GHzを使用すること。


申込 10月29日までに、①住所 氏名 電話、②使用周波数(予備)、③機体名(飛行重量)、

④保険No.と有効期限、⑤JPN番号またはRCK番号、⑥飛行機経験年数(19xx年~)

を明記して下記へ申し込むこと。

 〒766-0005 香川県仲多度郡琴平町苗田401-2 篠原 英彰

 Mail: hide_shinoha@ybb.ne.jp   携帯: 090-1322-2625


注意 :(1)航空法改正に伴う飛行申請の為、申込締切りが早くなっています。

空港事務所への申請を行う為、申し込み日以降の受付はできません。

(2)使用機体にはJPN番号またはRCK番号を明記するか、連絡先を記載したメモを

  胴体内の分かる場所に搭載のこと。

(3)一部飛行空域に制限あり(特に宝山湖上空は飛行禁止)。

(4)ゴミは各自持ち帰りとし、会場周辺の美化に努めること(芝生広場は禁煙です)。

(5)競技中に発生した事故は当事者が責任を持って対処すること。

(6)当エリアは競技会用に許可を得て利用しています。当日以外および無断飛行は厳禁。


主催:四国ソアリングクラブ

後援:日本模型グライダー協会












# by thermal-kobo | 2017-10-09 19:50 | ニュース | Comments(0)

XC アバンギャルドの完成レポート

北海道の愛好家様からXC アバンギャルドが完成し初フライトが成功したとの嬉しいご報告を頂きましたので紹介させて頂きます。

上空に一気に上昇する姿や、まるで鳥のようにゆったりと滑るように飛ぶ姿には本当に感動しました。今後もアバンギャルドを愛着を持って大切に飛ばしていこうと思っています。
e0146402_18182984.jpeg
難易度の高いカラーリングが見事に再現されていますねえ!
存分に楽しんで下さい♪



# by thermal-kobo | 2017-10-08 18:33 | アーバン | Comments(0)

秋のスケール・グライダー・ミーティング2017参加その2

本来なら1/5グルナウベビーを持って行く所なのですが、春のサーマル大会で破損してしまいましたので、今回はあまり世間に出回っていないKa-8bプレミアムで参加いたしました。

いつもの事ですが、初めてのフライトエリアでは発航から着陸までは緊張の連続です。

しかしKa-8bプレミアムは一人で手投げは出来ますよ〜!が売りなので実行。


何とか発航出来まして、すかざずトリムを取り左右のフライトエリアをパッシングしながらフライトいたしました。
効率の良いスロープ上昇風に乗せられましてプロペラを使うこと無く飛行出来ました。

そして上がったら次なる心配は着陸です!


初めてのエリアですから先輩諸氏のアドバイスを受けながら一発勝負で挑んだのですが、心外なドン付き着陸になってしまいました・・

反省点としては上り坂のランディングですから、接地前にスポイラーを戻して少し加速し、その勢いで着地寸前にエレベーターを引いてフレアーを効かせる事です。

まあ整備されたグラウンドと堅牢な降着装置のお陰で機体が無事だった事にホッとした次第です。


当日、別のビデオで撮影された方も動画をアップされていますのでご覧下さい。


# by thermal-kobo | 2017-10-05 23:25 | ニュース | Comments(0)

秋のスケール・グライダー・ミーティング2017参加

朝6時過ぎに自宅を出発し、徳島・淡路・兵庫・京都・滋賀の米原経由で北陸道に入って午後2時半頃に白山一里野スキー場リフト乗り場に到着、そこからダブル加藤さんの道案内で無事山頂に
会場では想像以上のスケールグライダーが多数終結していまして日本にもこのような光景が有るのだ!と驚きました。
e0146402_21513502.jpg
e0146402_22255655.jpg
それは、永年スケールグライダーのビルダー様がいよいよ引退されるとの事で過去に製作してきた作品をそれぞれ愛好家さんに託してフライトされるのがテーマでしたから私もご案内を頂くなり絶対参加するぞ!と抱えた仕事をはかどらせたのでした。

そして永年お電話やメール・FAX等で交流していた方々と初めて顔合わせ出来たり、しばらくご無沙汰だった方々も駆けつけて下さって大変嬉しく思いました。

サーマル工房製品も個性豊かに仕上げられた機体も沢山参加されていました。
e0146402_22285293.jpg
e0146402_22290387.jpg
特に感激したのは十数年前に完成品の製作依頼を受けまして納品させて頂きました1/6スケールのオリンピア・マイゼがいまだ新品状態でフライトされていた事です!
e0146402_22291881.jpg
今後ラジコン技術誌でも紹介されるそうです。

尚、このフライトエリアは土地管理者から特別に許可を受け、年2会航空局に申請して開催されるイベントで個人が常時フライトする事は出来ませんので次回参加希望される方は主催者にお問い合わせ下さい。





# by thermal-kobo | 2017-10-04 22:31 | ニュース | Comments(0)

秋のスケール・グライダー・ミーティング2017出発準備

Ka-8bプレミアムの胴体・主翼左右・垂直&水平尾翼積んだ、送信機・動力バッテリー・受信機バッテリー・カンザシ・スプリング・工具箱積んだ、そしてクラニッ匕主翼積んだ!
ごっくん馬路村も積んだ〜
e0146402_20301896.jpg

いや〜明日は楽しみです♪


# by thermal-kobo | 2017-09-29 20:31 | ニュース | Comments(2)