ASK-21の送信機セッティング

よく有る質問で、スポイラーのチャンネルと

エルロンからラダーへのミキシング、

スピコンの設定がございますので、弊社でのやり方を説明させて頂きます。

一般的に普及している6chクラスプロポの場合は


モーターコントロールを5chのギアスイッチに設定いたします。
e0146402_21304299.jpg

弊社では、スイッチ手前でモーターがオンです。

操作しやすいよう、シリコンチューブでスイッチを延長しています。




次ぎに、着陸を容易にする為のエアブレーキですが

エルロンにサーボをそれぞれ2ヶ使用し、送信機にフラッペロンとミキシング機能が装備されていれば左右エルロンを同時に上に上げて減速する事が出来ます。



通常は、スロットルスティックを上に上げて飛行いたします。
e0146402_21404623.jpg




そしてブレーキを効かせる時は、スロットルスティックを下に下げて
e0146402_2145593.jpg

滑空比を押さえます。

この状況では、エルロンの効きが甘くなってしまいますので注意して下さい。

そしてこの操作を行うと機首がアップになりますので適時エレベーターダウンを操作するか、プログラムミキシングで自動的にエレベーターダウンになるよう調整いたします。

オートマチックに設定する場合は、

ブレーキ操作最大で、少し機首下げが理想的です。

グライダーの場合、モーターは高度を取る為の補助動力なのでコントロールはオン、オフで、逆にブレーキは、適時加減が必要なのでスロットルスティックを駆使いたします。






次ぎにスケールグライダーが不慣れな方は、まずエルロンからラダーへのミキシングを設定すると旋回が奇麗に行えます。


e0146402_7355857.jpg

エルロンスティックを右に倒すと右エルロンが上に上がり、同時にラダーが右に切れています。

このラダー動作量は、機種によって変わりますので最初は50%ほどの設定をして

テスト飛行させながら増減の調節を行います。

さらに、エルロンデフレンシャルの微調整も行って美しい旋回が出来るようにいたします。

※エルロンデフレンシャルとは上げ舵と下げ舵の舵角量を変化させる機能で、一般的グライダーの場合は上1に対してしたが0.3〜0.5位を初期設定としています。

旋回が慣れて来たらラダーミキシングを減らし、左スティックでラダー操作が自由に出来るよう練習いたします。

そしてエルロン、ラダー、エレベーターが自由にコントロール出来るようになればより奥の深い飛行が出来ます。

送信機にエルロンラダーミキシングオフのスイッチが付いていれば上空でカット出来ますので活用して下さい。


次に、最大舵角を設定してそのままフライトさせるとサーマルハントの場合、オーバーコントロールになり、余計な高度損失を招いてしまいます。

そこで、送信機に付いているディアルレート機能を使います。
e0146402_23402154.jpg

まずエルロンですが、ディアルレートスイッチが上で舵が大きく動きます。

次ぎに
e0146402_23415768.jpg

ディアルレートスイッチを下に倒して舵角が60%位になるように設定いたします。

エレベーターも同様に
e0146402_234340100.jpg


e0146402_2344156.jpg

セットして上空で任意に切り替えをしながらフライトを行います。
# by thermal-kobo | 2008-05-13 22:02 | プロポセッティング | Comments(0)

三田式三型改1、完成近し

三田はキャノピーが大きく、パイロット人形はどうしても外せないのでキットには

人形のキットが付属しています。

スペシャルオーダーも依頼主のご意見をお聞きして仕上げます。

人形の塗装は得意ではないのですが

プラカラーを駆使して仕上げます。

e0146402_2234629.jpg

まず一回目の塗装です。



乾燥したら
e0146402_2243648.jpg

次の色を塗って行くのですが、細かな仕上げが視力の限界でこのレンズ付きメガネに頼ります。



これでよし!と決まったら
e0146402_226524.jpg

人形全体につや消しスプレーを吹き付けると

ケバい艶やハケムラが落ち着きます。
# by thermal-kobo | 2008-05-12 22:17 | スペシャルオーダー | Comments(0)

第11回 オール四国電動&ミニグライダーサーマル大会

久しぶりに競技会に参加する事が出来た。

競技開始。
e0146402_21412310.jpg

朝はまだ雲が多かった。



e0146402_21444117.jpg

だんだん晴れ間も



滞空よりも

e0146402_21454188.jpg

着陸が熱くなっている高知ラジコンクラブのK藤さんと
e0146402_21463724.jpg

愛媛県から参加のT市さん。

e0146402_21471156.jpg

そして満点の新階君。




e0146402_2150764.jpg

T岡さんも久しぶり


e0146402_21512887.jpg

昼休みにデモフライトしたF・ファクトリーのビンゴ・マリンタイプ。


B東君の早起き力作!
e0146402_21532591.jpg

カツオのたたき!差し入れ

そして
e0146402_2154458.jpg

これをミント(見んと)

e0146402_2155566.jpg


e0146402_21561445.jpg

せっかくキャッチしたのにピンぼけ


そして、噂のナレーターと
e0146402_21574598.jpg

その連れ合いさん。




あらよ! 
e0146402_21584612.jpg

と踊っている訳ではない、和気あいあいの風景。

そして大会を制した
e0146402_21595795.jpg

新階君と

e0146402_2205874.jpg

香川から参加のK上さん。

この方は何枚も表彰状を手にする。



サーマル工房のピットは
e0146402_2225851.jpg

こんな風景。
e0146402_2294127.jpg

大会初参加の吉永さんは少し離れてしまった。


そして私も
e0146402_22134971.jpg

久しぶりに三位入賞!
# by thermal-kobo | 2008-05-11 22:15 | ニュース | Comments(2)

左右主翼の結合

よく主翼を結合するスプリングがセットし難いとのご意見をいただきますので

弊社でのやり方をご紹介させていただきます。

まず

e0146402_232976.jpg

ラジオペンチでバネを挟んで



e0146402_23293595.jpg

片翼のヒートンに引っかけ、反対側に頑張ってセットします。


もしラジオペンチを忘れたら
e0146402_23305462.jpg

マイナスドライバーをバネの端に挟んで



e0146402_23313327.jpg

同じようにすれば、何とかなります。


主翼固定にバネを使うのは、不幸にして不時着した時等に衝撃をバネが吸収してくれて機体の損傷が最小に押さえられるからです。
# by Thermal-kobo | 2008-05-10 23:35 | Comments(0)

Ka-8cスーパーライトに追加工

明日はグライダーサーマル競技会が高知で行われる。

その為の準備に追われていたのだが。

さて

このサーボは何?!

e0146402_21222777.jpg

胴体中央底面に設置されたサーボは、スポイラーサーボと二股で接続され

ワイヤーでリンケージされている。



e0146402_2125325.jpg

タイヤハウス側は、真鍮板を加工してこのようになっている。


つまり、ホイルブレーキなのです。

単純にタイヤの外周をサーボの引っ張る力で摩擦を掛けるだけ。

効き具合はスロットルスティック下側三分の一位から徐々に効くように調整し

スティック一杯で完全にロックします。

これで定点着陸に効果絶大?

今回の競技規定で、下品な定点狙いは減点との事だから。


実機も
e0146402_21312671.jpg



e0146402_2131473.jpg

1/3となると実機と同じに作れば良い事に。
# by thermal-kobo | 2008-05-10 21:33 | 特別なパーツ | Comments(0)