Ka-8cスーパーライトカメラ完成

カメラユニット駆動装置を考えていたのだがなかなかまとまらないので

まずプーリーとベルト、次にサーボを物色する。

結果、ラジコンカー用のプーリーとベルト

JRロボットサーボに決定。

このサーボは送信機のトラベルアジャストを左右とも150%にすると

180度動いてくれる。

そしてカメラの回転と胴体内部に干渉しないようサーボベッドを作る。
e0146402_12405153.jpg





e0146402_12412417.jpg

ベルトが必要以上長いものしか無かったのでテンションプーリーを別に付けた。

このテンションプーリーは丸形サーボホーンを2枚組み合わせただけ。


e0146402_12421374.jpg

今回はキャノピーの透明度が試作品より幾分良くなったので

作業場でテスト撮影したら

大変うまく撮れていたがBGMが!

ロボットサーボのつぶやきが凄い。
# by thermal-kobo | 2008-05-02 12:47 | ニュース | Comments(0)

サーマル工房史上最大のキットがリリースされた。

足掛け2年あまりの歳月をかけ、ミニモア1/3キットが初出荷された。



e0146402_21451898.jpg

ついに膨大な作業が終わり、放心状態で有る。

市場でどの位受け入れられるであろうか?

第三弾も作りたい!
# by thermal-kobo | 2008-05-01 21:50 | ミニモア | Comments(0)

Ka-8cスーパーライト

空撮カメラの搭載方法を進化させる。

e0146402_2132140.jpg



e0146402_2132173.jpg

ベアリングを組み込んでカメラユニットが軽く左右する工作を行う。


e0146402_21324291.jpg

キャノピーも正規の手順で型を仕上げ、透明度が上がった。

後はカメラの左右駆動方法だ。
# by thermal-kobo | 2008-05-01 21:36 | ニュース | Comments(0)

震電完成

4月早々から取りかかっていた震電が仕上がり、無事納品する。

e0146402_2093980.jpg




e0146402_20164046.jpg

プロペラ選定が決まらず。



e0146402_20183048.jpg

3S×3700mAリポバッテリーを機首一杯に搭載して重心が上手く合いそう。


e0146402_20195958.jpg

ノーズギアとサービスハッチ回り。

後はレシーバーとプロペラ、レシーバー用バッテリーが搭載されていないが、
現状は3190グラムであった。
# by thermal-kobo | 2008-05-01 20:17 | スペシャルオーダー | Comments(0)

大型機のマーキング

スケール機には欠かせないナンバーですが、大きくなると大変です。

弊社では、小型機はカッティングシートをシールカッターで作って貼ったり、フィルム張りの機体はオラカバをカットしてアイロンで貼付けておりました

そこで今回、1/3ミニモアは経済的な新しい方法で行う事に。

主翼にはあらかじめ位置を示す基準ラインをマスキングテープで印しておきます。

e0146402_738269.jpg



次ぎに原寸図のナンバーを普通紙にコピーいたします。
e0146402_7463547.jpg

そしてナンバー部をカッターでカットし


e0146402_748658.jpg

バラバラにならないようマスキングテープでスポット止めして



e0146402_74954.jpg

仮止め用スプレーボンドを



e0146402_7492880.jpg

ナンバーの境目に吹き付けます。

後で剥がしにくくなると困りますので全体には吹き付けません。

2〜3分置いてもう一度吹き付けます。

少しだけ乾かして



e0146402_7495789.jpg

主翼の文字位置に正確に貼付けます。

次ぎに
e0146402_7501690.jpg

ナンバー部分を剥がします。

そしてまんべんなく

e0146402_892836.jpg

マスキングし、

e0146402_894730.jpg

軽く吹き付けていきます。


e0146402_810125.jpg

半乾きすればすぐにマスキングを剥がし

e0146402_8103426.jpg

不用意に浮き上がって吹きこぼれた部分やにじんだ所が有ればカッターの刃先等で
削ぎ取ります。

※この方法を行う場合は、スプレーボンドの塗具合、乾燥時間、重ね塗り等を十分にテストしてから進めて下さい。
# by thermal-kobo | 2008-04-30 08:18 | 機体ナンバーの塗り方 | Comments(0)