グルナウベビー1/5その4

出来上がった主翼にヴィンテージフィルムを張ります。

まず、必要以上に大きくフィルムをカットして
e0146402_21325123.jpg

主翼に乗せます。

※大きくカットするのは、シワが出ないように引っ張る為!


アイロンは低温付近。
e0146402_213339.jpg


まず、ポイントを止めて行きます。
e0146402_21331710.jpg


e0146402_2133379.jpg


e0146402_21335183.jpg


e0146402_2134730.jpg


次ぎに、貼付け部周囲をアイロンで加熱します。
e0146402_21345052.jpg


e0146402_21351130.jpg


e0146402_21353317.jpg


e0146402_21355995.jpg

この作業は、アイロンの動きが全て外側に寄せるように行います。

そして余分をカットします。
e0146402_221862.jpg

およそ5ミリほどのりしろを残してカッターで軽く切れ目を入れて

e0146402_222946.jpg


e0146402_2222339.jpg


e0146402_2224942.jpg

余分をはぎ取ります。

カットした後を
e0146402_2233262.jpg

アイロンでのりしろ部分に封じ込められた空気を内側から外側に寄せるように加熱いたします。

e0146402_2252481.jpg

フィルムのエンドが目立たなくなりますし、しっかり張り付きます。

最後に後縁部分も
e0146402_2263053.jpg


エンドをカットします。
e0146402_22788.jpg


e0146402_2273240.jpg


e0146402_227483.jpg


e0146402_228673.jpg


e0146402_2285164.jpg


完成!
e0146402_2291051.jpg

# by thermal-kobo | 2008-06-06 21:57 | グルナウベビー | Comments(2)

グルナウベビー1/5その3

一瞬天気がよかったのでウレタンクリアーを吹き付ける。
e0146402_15504812.jpg

しかし、かなりテカテカなので

#320サンドペーパーで軽くサンディングします。
e0146402_15511249.jpg


e0146402_1551287.jpg

白っぽくなりますが気にせず全体を均等に仕上げます。

次にコンパウンドの中目と細めで磨くと
e0146402_15533338.jpg

画像左のように渋くなります。右側は未処理。

角度を変えて
e0146402_15561124.jpg

e0146402_15563580.jpg

違いが解りますでしょうか?
もはやバルサとは思えない質感になります。
# by thermal-kobo | 2008-06-04 15:59 | グルナウベビー | Comments(0)

グルナウベビー1/5その2

しばらく手がつけられなかったグルナウベビーの木工ニス塗りを再開した。

e0146402_20242239.jpg

e0146402_20254993.jpg

主翼は、前に一回塗っていたので#240サンドペーパーで空研ぎし、再度木工ニスを吹き付ける。

胴体も同じように塗って研いで待た塗って
e0146402_20273626.jpg

だんだん滑らかになり、深みが出てきます。

今回はノーズもバルサで造形し、完成後、内部をくりぬいてモーターを搭載いたします。
理由はノーズがプラスチックだと胴体他の木部と色が合わないからです。
# by thermal-kobo | 2008-06-01 20:32 | グルナウベビー | Comments(0)

Ka-6CR

いつか作りたい機体のKa-6CR。
e0146402_2245584.jpg

カーエイトと並べてみたい!

Eタイプはキット化されているが、このCRはモデルが見当たりません。

今回も関宿滑空場の皆様のご協力により取材させて頂きました。



e0146402_22492131.jpg


e0146402_22494584.jpg


e0146402_22501736.jpg


e0146402_2250416.jpg


e0146402_2251913.jpg


e0146402_22515431.jpg

これらの画像は、模型を製作する目線で私が撮影した物です。
# by thermal-kobo | 2008-05-30 22:55 | 実機資料 | Comments(0)

ミニモア1/3のラダーカバー改善

ミニモアのラダーヒンジ部は大きな隙間が有り、実機の一部にはカバーが付けられています。

しかしこのカバーが有るため、ラダーの脱着が大変やり難く問題になっておりました。

今回、これを左右に分けて行えば良いかな?と
e0146402_23243136.jpg

パーツをカットいたしました。

取付けネジ穴は内側に開放しています。




まず、ラダーヒンジのピアノ線をクッションゴムを横に寄せながら下側ヒンジまで突き等します。
e0146402_23272483.jpg


次ぎにラダーを合わせ
e0146402_2328173.jpg

ピアノ線を貫通させます。

そしてカバー取付けネジの頭を緩め
e0146402_23294548.jpg

カバーを横から装着し

e0146402_23304140.jpg

小型ドライバーでネジを締め付けます。

e0146402_23313623.jpg

完成!

大型機は、ラダーを外すことにより車載が大変楽になります。
# by thermal-kobo | 2008-05-28 23:34 | ミニモア | Comments(0)