スケール愛好家の会社訪問

4/1、2と関東方面の愛好家5名様が来高されました。

皆様、スケールグライダー大好きでラジコン歴は相当長いそうです。

丁度、試作出来てテスト飛行を行う予定の機体が有りましたので、夕刻の風がないだ時に初飛行を立ち会ってもらいました。

今までギャラリーのいる前でテスト飛行するのは初めてで緊張いたしましたが大きな問題も無く無事終了し、ホットいたしました。

そして

お決まりの

成功祝いを行いました。

e0146402_22501145.jpg

高知メンバーでTさんニシ君も駆けつけて下さり、ビンテージグライダー談で大いに盛り上がりました。

※画像はニシ君がカメラマンの為、写っておりません。


そして翌日、

e0146402_22535777.jpg

会社近くのスロープに満開のサクラトンネルをくぐって登山します。




e0146402_22585112.jpg

山頂に到着すると予想通りの気候。

まず風を見る為に最適なカーエイト・ソロを偵察に出します。

その時の様子をニシ君に撮影して頂きました。

動画です。
http://marine.maxs.jp/movie_air_glider/Ka8solo.wmv

近年かつて無い満足のフライトが出来ました。




その後、全機無事ランディングし工房に帰り、製作中の機体を背景に記念撮影です。
e0146402_2385060.jpg

ヤマさん、主翼後縁で首を切らないで下さいね。

でも大丈夫!

Ka-8Cの後縁はカミソリでなくマイルドですから。


e0146402_23112360.jpg

ご来社皆様とデカミニモアで記念撮影。

天候にも恵まれ、有意義なひと時が過ごせました。

皆様、お疲れ様でした。


初飛行のミニモア400です。

e0146402_9311078.jpg

# by thermal-kobo | 2008-04-02 23:02 | 交流 | Comments(2)

テープヒンジの貼付け方

弊社では主尾翼がフィルム張りの場合、ヒンジはポリエステルテープを推奨しております。

キットに付属しているテープは、十分の量が有りますので、1〜2年位経過しましたら交換すると安全です。

まず


e0146402_23251791.jpg

主翼にエルロンをマスキングテープで仮止めしますが!

e0146402_23263234.jpg

エルロン付け根隙間と


e0146402_23272574.jpg

翼端隙間が均等になっている位置にして下さい。


そしてエルロンを180度近く上に折り曲げて

e0146402_23305485.jpg

エルロン裏側にテープを貼付けます。

気泡が入らず、ヒンジラインがテープセンターに合うよう、入念に作業します。

e0146402_23365965.jpg

上手く行かない場合は納得するまで、何度でも貼り直します。

エンドはきっちりカットし、めくれないようにしっかりテープの端を指で押し付けます。

次ぎにエルロンをニュートラルにもどして

e0146402_0225944.jpg

仮止めテープを剥がします。



そして
e0146402_0235089.jpg

後縁が揃っているか確認し



その位置で
e0146402_027114.jpg


e0146402_0272817.jpg

テープで仮止めいたします。



そこで
e0146402_0293088.jpg

主翼とエルロンの間におよそ0.5ミリの隙間が開いているのが理想です。

これは、隙間が無いと下げ舵が突っ張って動きが苦しくなるからです。

ですから、生地の時にフィルム張り分も考慮してあらかじめ隙間が出来る仕上げをして置くのがポイントです。



次ぎに

e0146402_0335153.jpg

エルロン上面に一気に気泡無くテープを貼り


e0146402_0345059.jpg

エンドをきっちり仕上げ、

最後に上と


e0146402_0355984.jpg



下に
e0146402_0362185.jpg

動かしてみて問題無いか確認して完成です。

エレベーターやフラップも同様に行います。
# by thermal-kobo | 2008-04-01 00:41 | テープヒンジ | Comments(0)

ライハーのモーター取付け

ライハーにモーターを取付ける手順です。

e0146402_19463296.jpg

推奨のマサゾーモーター以外を使用する場合は、弊社延長シャフト&ハブセットをご利用下さい。



まず
e0146402_194711100.jpg

機首に必要最小限の穴をあけます。


e0146402_19485549.jpg

目安はモーターに十文字のバックマウントを固定し、自由に出し入れが出来る大きさです。



そして
e0146402_195002.jpg

モーターマウントベニヤ板パーツMMにモーターを固定し、ノーズコーンはトリミングして胴体にピッタリ合わせ、シャフト用穴を開けます。

次ぎにモーターをコックピット側から機首に差し込みノーズコーンをテープで仮止めしてモーターシャフトが胴体に対して正確にセットされているか確認します。



良ければ
e0146402_19551579.jpg

瞬間接着剤の中、高粘度でポイントを仮止めし、


e0146402_19562650.jpg

ボンドサイレックスを

e0146402_1957443.jpg

小さなヘラでモーターマウント周囲に塗り付けます。

1〜2時間で硬化してきますが、モーターを回すのは一晩置いて下さい。
# by thermal-kobo | 2008-03-30 20:00 | モーターの取付け | Comments(0)

ミニモア1/7.5

今回の試作機は主尾翼にテックスを貼ったため、ヒンジはシートヒンジを小さくカットして使用する。

e0146402_8235178.jpg


塗装後、楽しいマスキングを剥がすと

e0146402_8242237.jpg

らしくなってくる。

主翼と尾翼をセット。

e0146402_19322095.jpg



ミニモアはやはりこの角度か!
e0146402_19325597.jpg

小型機とは思えないこの雰囲気!

背景が乱雑で恐縮ですが今日は雨なので。

この工作室にこもって16年になる。

何のためらいも無くバルサをサンディングしリューターでパーツを削る。

埃もつれになるのが宿命だが私にとってはホットする空間。

このミニモアは4機目のキットになりますので、混同をさける為、

製品名称をミニモア400といたします。
# by thermal-kobo | 2008-03-30 08:24 | 開発中 | Comments(0)

空撮カメラの搭載法

今回、ツイン・アクロ空撮画像をご覧になられた方からカメラと取付け方の情報が欲しいとご連絡を頂きましたので、撮影時の状況を再現してみました。

e0146402_20245487.jpg


e0146402_20251863.jpg

カメラは、無造作に機体横へビニールテープでぐるぐる巻きにしてあるだけです。

テスト飛行時ににわかに思い立ったからだ。

当然重たい物が重心より前に追加され、空気抵抗も増えるので発行は緊張したのですが飛んでみれば何の事は無く、順調に上昇滑空し、トリムもたいして変わらず、ケネディ宇宙センターならぬ火星の表面のような荒れ地に無事帰還したのでした。


カメラはサンヨーの

e0146402_21324733.jpg

で、昨年夏に購入した物です。

重量は

e0146402_21333765.jpg

およそ240グラムです。

画質が良いので2ギガ以上のSDカードを入れて置かないとすぐに無くなります。

その後、このカメラは、カーエイト・ソロにも搭載いたしました。
# by thermal-kobo | 2008-03-28 21:36 | Comments(0)