ライハーのモーター取付け

ライハーにモーターを取付ける手順です。

e0146402_19463296.jpg

推奨のマサゾーモーター以外を使用する場合は、弊社延長シャフト&ハブセットをご利用下さい。



まず
e0146402_194711100.jpg

機首に必要最小限の穴をあけます。


e0146402_19485549.jpg

目安はモーターに十文字のバックマウントを固定し、自由に出し入れが出来る大きさです。



そして
e0146402_195002.jpg

モーターマウントベニヤ板パーツMMにモーターを固定し、ノーズコーンはトリミングして胴体にピッタリ合わせ、シャフト用穴を開けます。

次ぎにモーターをコックピット側から機首に差し込みノーズコーンをテープで仮止めしてモーターシャフトが胴体に対して正確にセットされているか確認します。



良ければ
e0146402_19551579.jpg

瞬間接着剤の中、高粘度でポイントを仮止めし、


e0146402_19562650.jpg

ボンドサイレックスを

e0146402_1957443.jpg

小さなヘラでモーターマウント周囲に塗り付けます。

1〜2時間で硬化してきますが、モーターを回すのは一晩置いて下さい。
# by thermal-kobo | 2008-03-30 20:00 | モーターの取付け | Comments(0)

ミニモア1/7.5

今回の試作機は主尾翼にテックスを貼ったため、ヒンジはシートヒンジを小さくカットして使用する。

e0146402_8235178.jpg


塗装後、楽しいマスキングを剥がすと

e0146402_8242237.jpg

らしくなってくる。

主翼と尾翼をセット。

e0146402_19322095.jpg



ミニモアはやはりこの角度か!
e0146402_19325597.jpg

小型機とは思えないこの雰囲気!

背景が乱雑で恐縮ですが今日は雨なので。

この工作室にこもって16年になる。

何のためらいも無くバルサをサンディングしリューターでパーツを削る。

埃もつれになるのが宿命だが私にとってはホットする空間。

このミニモアは4機目のキットになりますので、混同をさける為、

製品名称をミニモア400といたします。
# by thermal-kobo | 2008-03-30 08:24 | 開発中 | Comments(0)

空撮カメラの搭載法

今回、ツイン・アクロ空撮画像をご覧になられた方からカメラと取付け方の情報が欲しいとご連絡を頂きましたので、撮影時の状況を再現してみました。

e0146402_20245487.jpg


e0146402_20251863.jpg

カメラは、無造作に機体横へビニールテープでぐるぐる巻きにしてあるだけです。

テスト飛行時ににわかに思い立ったからだ。

当然重たい物が重心より前に追加され、空気抵抗も増えるので発行は緊張したのですが飛んでみれば何の事は無く、順調に上昇滑空し、トリムもたいして変わらず、ケネディ宇宙センターならぬ火星の表面のような荒れ地に無事帰還したのでした。


カメラはサンヨーの

e0146402_21324733.jpg

で、昨年夏に購入した物です。

重量は

e0146402_21333765.jpg

およそ240グラムです。

画質が良いので2ギガ以上のSDカードを入れて置かないとすぐに無くなります。

その後、このカメラは、カーエイト・ソロにも搭載いたしました。
# by thermal-kobo | 2008-03-28 21:36 | Comments(0)

1/3ミニモア

弊社始まって以来の超大型ミニモアが目前で棚上げになっていたので、奮起してデモ機の胴体仕上げにかかった。

e0146402_21424364.jpg

胴体前半とコックピットカバー、ノーズコーンをダークレッドで塗装する。

主尾翼はこの前から少しずつ塗装を進めていたので一気に進んだ。

しかし

膨大な組み立て説明書作成が!

いつになりますか?の問い合わせにも返答が出来ていない。
# by thermal-kobo | 2008-03-27 21:46 | ミニモア | Comments(0)

1/3 Ka-8b用大型キャノピー

弊社スケールグライダーの三田式やカーエイト・ソロオーナーには、学生時代に日本学生航空連盟で活躍された方々が沢山おられます。

三田式、ASK-13で教官と飛行訓練し、Ka-8bで初めて単独飛行を経験して、長時間滞空で各種賞を取得されています。

そこで、当時乗っていた機体と同じキャノピーが1/3Ka-8bに無い!というご意見を頂きました。

カーエイト・ソロは小さいので問題無く真空成型出来たのですが1/3は弊社真空成型機では無理だとスモールタイプのみとなっておりました。

出来れば私も欲しいと思い、挑戦してみる事となる。


e0146402_21195625.jpg

バルサブロックをカッターで削ります。

e0146402_21205576.jpg

荒仕上げ時ですが床にはバルサ屑が踏み場も無い位に積もる。

さらに胴体と合わせ
e0146402_21244023.jpg

実機資料と照らし合わせながら仕上げ

e0146402_21253759.jpg

サンディングして行きます。

そして

e0146402_21282342.jpg

いつの間にかサンドペーパーによって指先の指紋が無くなり、気が付けばバルサに赤い汚れが!

痛くなったので今日はこれで終了。

※この機体は1/3キットを1/6カーエイト・ソロの様に手加工で肉抜き軽量化の改造を行い、出来るだけ小さなモーターと低い電圧で飛ばそうと思っております。

さてどの位の重さになるか?



その後
e0146402_20182734.jpg

やれば出来た。

せっかく作ったので、ご希望の方には販売させて頂きます。
# by thermal-kobo | 2008-03-27 21:38 | 特別なパーツ | Comments(0)