パイロット人形の塗装

プラカラーと中小の筆を用意します。
パイロット人形の塗装_e0146402_9411872.jpg

私はグンゼカラーを愛用しておりますが、半年ほど放っておくと揮発してドロドロになりますのでプラシンナーでその度にうまえています。


まず顔の肌色から
パイロット人形の塗装_e0146402_9431483.jpg

大雑把に塗ります。


次はメガネを
パイロット人形の塗装_e0146402_945660.jpg

慎重に塗るのですが・・・


パイロット人形の塗装_e0146402_9454917.jpg

思うように行かないのです。

左メガネの黒が上に塗り過ぎてしまいました。


なので
パイロット人形の塗装_e0146402_19565242.jpg

肌色ではみ出た黒色をトリミングいたしますが、塗料が濃いめなので十分黒が隠れてくれました。

※中を塗るより外側から周囲を攻めた方がライン取りが楽です。


そして最大の難関が
パイロット人形の塗装_e0146402_202185.jpg

唇です。

ここを下手に赤っぽく塗ると、エラい事になります。


私は、控えめなブラウンを塗るのですが
パイロット人形の塗装_e0146402_2045781.jpg

目が見えない!筆が悪い?腕が震える・・等で

こっそり解けかけのチョコを食べました!状態に♥←!


結果、
パイロット人形の塗装_e0146402_208277.jpg

再度、肌色でトリミングです。


胴体もそれなりに塗装して
パイロット人形の塗装_e0146402_20101945.jpg

最後に


パイロット人形の塗装_e0146402_20105641.jpg

半光沢スプレーをかけ、刷毛ムラを目立たなくいたします。

※1/7.5でこれだけ難儀しますから1/35フィギアはとても無理!
by thermal-kobo | 2009-09-16 09:46 | 製作のポイント
<< 納期迫る! パイロット人形の組み立て >>