一機しか作られなかった機体その2

アレキサンダーシュライハーKa-6CR
一機しか作られなかった機体その2_e0146402_2192332.jpg

一機しか作られなかった機体その2_e0146402_219541.jpg

1/5スケールでスパン3メートル。

当時の学生航空連盟ではハチハチと呼ばれていました。

ラジコン界ではフライングテールのマルチプレックス等、Eタイプが主流でCRはキットが有りませんでしたので作ってみたのです。


しかし





翼型設定が悪かったのか、操縦に予断を許さぬ機体となってしまいました。

それでも各地のウインチによるサーマル大会に出場し、何回かの大会を経験したのでした。

その後、APIさんカレンダーの写真に影響を受け
一機しか作られなかった機体その2_e0146402_21203265.jpg

一機しか作られなかった機体その2_e0146402_2122975.jpg

カラーリングを一新したのです。  ※なぜかモノクロしか有りません!

そして、ベテランF3Bフライヤーさんからラブコールが有りましてめでたく譲渡となりました。


いつかは再設計してリリースしたい物です。


PS、キャノピーは大型の物に変更しています。
by thermal-kobo | 2010-04-10 21:26 | 回想録
<< ツイン・アクロ 3.6Mキット 一機しか作られなかった機体 >>