キャノピーの塗装

いつもの事ですが、スケールグライダーのキャノピーはその作品の顔です。

上手く仕上がれば快感ですね。

まずは、キャノピーフレームを胴体に出来るだけピッタリに合わせます。

そしてフレームを胴体にテープで仮止めし、クリアーキャノピーを十分にすりあわせます。

そのクリアキャノピーを胴体に仮止めし、フレームラインに合わせ、マスキングテープを貼ります。


e0146402_2237389.jpg

直線部分を貼りきり、コーナー部にアールの毛書き線を入れ、カッターでRに仕上げます。



e0146402_2238981.jpg


e0146402_22383273.jpg

そして全周囲が出来上がれば

e0146402_22394138.jpg

次ぎに、塗装が散ってほしくない部分をさらにマスキングします。


e0146402_22413363.jpg

裏面もやっておくと万全です。


そして塗装。

e0146402_22425281.jpg

殺虫剤のようなラッカースプレーかウレタン塗料を吹き付けます。

乾燥後、楽しいマスキング剥がしを行うと
e0146402_2250505.jpg

このように見違えます。

もし、この時にマスキング漏れでクリアー部分に塗料が吹きこぼれてしまった場合は、グンゼプラシンナーで拭き取れば修復出来ます。

このシンナーであればクリアキャノピーの透明度を痛める事はございません。
by thermal-kobo | 2008-03-22 00:48 | キャノピーの仕上げ | Comments(0)
<< 主尾翼の組み立て確認 1/7.5ミニモア >>