その頃、新開君は

デカプロムナードキットバージョン1機目のパーツの確認作業を行っています。
その頃、新開君は_e0146402_2023359.jpg

ミスが有ったらいけないので、何度も組み立て確認を行うのです。


実の所、試作1号機はすぐに出来るのですが

納得の部品構成や説明書の作成には膨大な作業が残っているのです。



そんな訳で、テスト機が飛んでからキットがリリースされるまでは

それ相当の時間がかかってしまいます。
by thermal-kobo | 2009-02-19 20:34 | デカプロムナード
<< 納期迫る 胴体赤色塗装 >>